いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【第8話:倫子SIDE】夫が浮気相手を妊娠させた!?男性不妊のはずなのに…。私たち夫婦の選ぶ「幸せ」とは

【第7話】からの続き。

私は小さい頃から、欲しいと思ったものは何一つ手に入ったことはなかった。
母は私が「予定外」にできてしまったから、「仕方なく」産んだ。ずっとそう聞かされてきた。「本当なら産みたくなかった」「あんたのせいで人生が狂った」「あんたさえいなければ」こんな言葉は何度も何度も聞いてきた。
最低限の食事や、最低限の生活は与えてもらったけれど、私が一番欲しかった「お母さんの愛情」はもらえなかった……。

【第8話:倫子SIDE】夫が浮気相手を妊娠させた!?男性不妊のはずなのに…。
運命が変わったのは、友達と待ち合わせをしていたあの日――。

【第8話:倫子SIDE】夫が浮気相手を妊娠させた!?男性不妊のはずなのに…。
そう言って、サラリーマンが絆創膏と消毒、あとは接着剤を持ってきてくれて、怪我の手当てとヒールの修理をしてくれた。
ヨウイチ:「これでよしっと。お仕事の途中ですか? 大変ですね。タクシーとか呼びますか?」
とほほ笑みかけてくれた。
「だ……大丈夫です。失礼します」
優しくされることに慣れない私は、慌ててその場を立ち去った。ズキズキと痛む膝と一緒に、心臓がドキドキと張り裂けそうだった。あの日、あのとき、私はヨウイチに恋をした……。
それからは一生懸命にアタックした。左手の指輪は気になったけれど、それでも私はヨウイチが欲しかった。

【第8話:倫子SIDE】夫が浮気相手を妊娠させた!?男性不妊のはずなのに…。
(子どもさえできれば……ヨウイチが手に入る……)
こんなに「誰か」を欲しいと思ったことはなかった。私は必死で妊娠を画策したけれど、なかなかうまくいかなかった。
家に帰ると酔っぱらった母が。
「ちょっと、あんた最近バイトにあんまり行ってないんじゃないの? 金が足りないよー」
私に金をせびってくる。
(早く抜け出したい。こんな環境から早く。妊娠さえすれば……ヨウイチと一緒に暮らせるんだ)

私はネットで知り合った別の男とセックスをし、妊娠をした。
でもフタをあけてみれば、ヨウイチは子どもが作れない体質だとか、奥さんはDNA鑑定しろだとか、お母さんは相変わらず「死ね」って言うし……。
みんな私のことなんかどうでもいいんだろうな……。どうせ子どもなんか産んだって、お母さんと同じことしちゃうだけだし、ヨウイチとは一緒になれないんだし、だったらいっそうこの世からいなくなった方が――。

「全然、どうでもよくなんかない!!」
大きな声をあげて、私を真剣な目で見つめてくれたのは、ヨウイチの奥さんだった。

【第9話】へ続く。

※全10話構成でお送りします。
※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・んぎまむ

んぎまむの記事一覧ページ

関連記事

【第1話】夫が浮気相手を妊娠させた!?男性不妊のはずなのに…。私たち夫婦の選ぶ「幸せ」とは
私は36歳、夫は33歳です。9年前に結婚をし、子どもはいないものの夫婦で楽しく毎日を過ごしていました。 傍からみれば「円満」な家庭のはず。けれど3年前から私は夫とセックスができなくなりました。 性...
【前編】ネグレクトの記憶がチョコレートでよみがえる。私は愛されていなかったのかな…… #毒親日記 【ケース33】
私の母はお金にだらしのない人でした。 電気やガスなどのライフラインが止まることなんてしょっちゅうで、暗闇の中で生活することも多く、さらにはお風呂のないアパートだったため冷たい水道でタオルを濡らし...
【前編】「産まない」選択をしたバリキャリ独身女性が、子育て中のママに尋ねたこととは?
その子は大企業の正社員。お給料もすごくいいみたいで、いつもブランドの服やバッグを身に付けています。都心の一等地のマンションに住み、夕食は外食が多いみたいで、SNSを見ると、おしゃれなダイニング...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
夫の浮気相手が妊娠したが。