いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【ケース25】きっと私は放置子……子ども時代に何もしてもらえなかった私の傷の癒し方 #毒親日記

きっと私は放置子……子ども時代に何もしてもらえなかった反動 #毒親日記

きっと私は放置子……子ども時代に何もしてもらえなかった反動 #毒親日記

小学校の入学式はイヤそうな顔をしながらしぶしぶ来てくれたけれど、それっきり。卒業式も参観日も運動会も見に来てくれたことはありません。お小遣いをもらったことも、外食に連れて行ってもらったことも、一度もありません。

きっと私は放置子……子ども時代に何もしてもらえなかった反動 #毒親日記
子どもといっしょに温かい布団にくるまるのは幸せです。しかし子どもが寝静まったあとに、布団の中で思い出すのは子ども時代の悲しい想い出ばかり……。ダメだと分かってはいるけれど、甘やかしてしまうのは、きっと過去のトラウマからですね。
こうやって我が子を愛すことで、自分の幼少期の傷を癒せているような気がしています。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・上野りゅうじん

関連記事

【ケース24】子どもにお金をかけない母に育てられた私。求めた幸せに付きまとうものは…… #毒親日記
何不自由なく暮らした人にとっては「お金に苦労したくない」という私の思いと行動は滑稽に見えるのかもしれませんが……。 お金がないのは、本当にみじめだったんです。中学入学後、部活に必要な用具をそろえ...
【ケース22】「毒親」って気軽に言わないで!言葉だけが一人歩きする状況に違和感 #毒親日記
孫を預かってくれて、できないときは連絡をくれて、孫にいろいろ買ってあげるなんて、素敵なお母さんだよ。 そんな素敵なお母さんに対して、ただ自分の都合に合わないからというだけで気軽に...
1人で来店したおばあさんが「孫の席も」と希望していて……?胸が熱くなった出来事
私は注文を厨房に通し、しばらくレジや水のおかわりなど、他のお客様の対応に追われました。十数分後、私は出来上がったオムライスをおばあさんの席へ運びました。 その後も、おばあさんはオムライス...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
毒親のもとで育った人