いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<不登校のわが子と歩んだ10年間>母としての葛藤の軌跡【第5話:将来の夢】

前回からの続き。
家を中心に過ごす毎日のなかで、息子が夢中になったものがありました。
【第5話:将来の夢】

【第5話:将来の夢】

私たちはどこか「高校進学は無理かな」と思っていたのですが、彼の口から出てきたのは「受験したい」という言葉でした。飲食業に就くためには高校進学が必要だと考えたようです。受験すると決めてからの学習への集中っぷりはびっくりするほど。あれだけ行きたくないと言っていた適応指導教室に毎日通うようになり、受験のための学習を重ねていきました。中2の春のことです。
それから……。

【第5話:将来の夢】

息子が学校に行かなくなってから、いつの間にか10年の月日が経っていました。今でもあのときの選択が正解だったのかは、私にはわかりません。でも息子が自分の道を進む様子を見ていると、悩み苦しんできた時間や経験すべてが、彼の強さやたくましさ、優しさへと変換されている気がしています。

多くの人と異なる選択をしようとするとき、そこには勇気と覚悟が伴います。世の中にはたくさんの情報があふれているからこそ迷うことばかりですが「自分たちが、今、選んだことが正解」これからも、そう信じて過ごしていけたらいいなと思う毎日です。

脚本・編集部 作画・よしはな

【つぎ】の記事:<大丈夫は嘘>【前編】いじめが原因で転校を促すことは「逃げ」ですか……?

よしはなの記事一覧ページ

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

関連記事

<イジメの首謀者>「自殺するまでいじめるからな」と言っていた我が子。引っ越しまでの道のり……【前編】
私の娘は現在中2で、4月から中3になります。先日お友達とトラブルになったようで学校からこんな連絡をもらいました。 実は学校から連絡がきたのは今回がはじめてではありません。中2になったばかりのとき...
<不登校のわが子と歩んだ10年間>母としての葛藤の軌跡【第1話:学校に行きたがらない息子】
息子、拓也は保育園になかなか行きたがらず、毎朝大泣きして登園していました。今思えばそれがすべての始まりでした。それから私たち家族の長い葛藤が始まることになるのです。 小学生になってからもスムーズ...