いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第1話:学校に行きたがらない息子】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡

息子、拓也は保育園になかなか行きたがらず、毎朝大泣きして登園していました。今思えばそれがすべての始まりでした。それから私たち家族の長い葛藤が始まることになるのです。
【第1話:学校に行きたがらない息子】
小学生になってからもスムーズに登校できた日は数えるほどしかなく、毎朝繰り広げられる「今日は行くの? 行かないの?」というやりとりが苦痛で仕方ありませんでした。息子が登校しても欠席しても、私は朝からぐったりです。そこに担任の先生の「お母さんが不安だとお子さんに不安が伝わりますからね」の言葉にみぞおちがキュっと痛みます。
どうすれば不安にならなくて済むのか教えてほしいくらいでした。

【第1話:学校に行きたがらない息子】

【第1話:学校に行きたがらない息子】
着替えるどころか起きることもできない息子。
始業式当日、息子は学校へ行きませんでした。夕方、担任の先生がプリントを持ってきてくれましたが、息子を呼んでも玄関先に出てきません。せっかく来てくれた先生に申し訳ないと思いつつも「明日は行けるといいんですが」と伝えるのが精いっぱいでした。
その日の夕方のこと……。

【第2話:息子がいなくなってしまう】に続く。

※全5話構成でお送りします。
※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

脚本・編集部 作画・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

【第2話:息子がいなくなってしまう】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡
【第1話】からの続き。 2学期の始業式の日。プリントを持って来てくれた先生を見送り、夕食の支度をしていると、突然ドスドスと2階から物音が……。 まるで泥棒が入ったように荒れ果てた息子の部屋。何...
【前編】娘がイジメの首謀者!?「自殺するまでいじめるからな」と発言した娘に親としての対応は
私の娘は現在中2で、4月から中3になります。先日お友達とトラブルになったようで学校からこんな連絡をもらいました。 実は学校から連絡がきたのは今回がはじめてではありません。中2になったばかりのとき...
【前編】長い不登校期間「寄り添い方」がわからない……。追いつめられていくママのお話
中学にあがってすぐに息子が不登校になりました。いじめやトラブルなどの大きな原因はなく、ただ「学校に行けない」だけ―― 一向に不登校が終わる気配はありません。前は朝も「学校行こう! お母さんも一緒...