いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【第4話:友だちとの関わり方】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡

【第3話】からの続き。
学校に行かないことを選択したときに、頭を悩ませたのはお友だちとの関わり方でした。

【第4話:友だちとの関わり方】友だちに「遊べるのになんで学校に来ないの?」と言われて、戸惑う息子。私もなんと返事をすればいいのか迷っていました。すると意を決したように息子が答えました。

【第4話:友だちとの関わり方】

「早く治るといいね!」友だちから言われると、嘘をついているような気になったのでしょうか。その後「なんで学校に来ないの?」という疑問に、息子は「自分でもよくわからない」と答えるようしていました。お友だちは不思議そうな顔をしますが、それが息子の本音だったのだと思います。

そんな息子の姿を見て、私自身もママ友たちからの「なんで行けないの?」という質問に「よくわからないの」と答えることにしました。 平日学校に行かず、親子で過ごしている私たち。やはり昼間出かけるときは、ヒヤヒヤしたものです。
でも……。

【第4話:友だちとの関わり方】

私の心配とは裏腹に、誰ひとり私たち親子を責めるようなことはなく、むしろ多くの人が好意的で、そっと応援してくれていたように思います。なにげなく「おはよう」「元気そうね」そう声をかけてくれるのがどんなにうれしかったことか! どこか世間から孤立したように感じていた不登校期間でしたが、家にひきこもらないことを意識したことは、結果的によかったと思っています。そんな息子が将来就きたい仕事があると言い出しました。

それは……。

【第5話:将来の夢】へ続く。

※全5話構成でお送りします。
※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

脚本・編集部 作画・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

【第5話:将来の夢】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡
【第4話】からの続き。 家を中心に過ごす毎日のなかで、息子が夢中になったものがありました。 私たちはどこか「高校進学は無理かな」と思っていたのですが、彼の口から出てきたのは「受験し...
【第1話:学校に行きたがらない息子】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡
息子、拓也は保育園になかなか行きたがらず、毎朝大泣きして登園していました。今思えばそれがすべての始まりでした。それから私たち家族の長い葛藤が始まることになるのです。 小学生になってからもスムーズ...
いじめ・不登校 に関する記事一覧