いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【続編】義弟の奥さんに信じられない濡れ衣を着せられた【後日談……】

「【前編】義両親に義弟の奥さんの虚言でとんだ濡れ衣を着せられた」「【後編】義弟の奥さんに信じられない濡れ衣を着せられた」からの続き。
私の両親も巻き込むトラブルとなり、義両親と別居し絶縁をすることにしたのです。
絶縁宣言してから、私は義両親にも義弟夫婦にもまったく連絡をとっていませんでした。夫は連絡をとり、月に何度か子どもたちを義両親に会わせていました。夫にとっては実の親、子どもにとっては祖父母です。私は夫や子どもたちにまで絶縁を強要するのは酷だと思い、放っておきました。
義弟の奥さんに信じられない濡れ衣を着せられた
そして最近、義弟家族はさらに遠くへ引っ越したそうです。引っ越した先は義妹△さんの実家。義両親には義弟からのメールだけの事後報告で、直接は何も告げずに義妹の両親と同居を始めたらしいのです。
私:「へえ、そうなんだ。△さん、自分の実家で暮らす方が子育てしやすいと思ったんじゃない?」
なかば人ごとのように返答すると、夫は沈んだままです。
私:「まあ、△さんの実家で同居するなら義両親に一言くらいあってもいいよね」と続けると、さらに予想外の返答が。

義弟の奥さんに信じられない濡れ衣を着せられた
いずれにしろ義妹が義両親のことが好きではないのはもはや明白です。私は過去のこともあり、義妹のことは好きではないけれど、まわりにどう思われようと、自分の意思を貫く様子にはすごいなと妙に感心してしまいました。

義弟の奥さんに信じられない濡れ衣を着せられた
時間が経って、義両親からの辛い言動に対する嫌な気持ちは薄らぎましたが、私の中ではかつての出来事が解決をしたわけではありません。
思い出すとやはり嫌な気持ちが蘇ってきます。義両親に言われたことは彼らの人間性を表すものでもあったと思っています。
絶縁し、同居を解消してから私の心身は驚くほど軽やかです。
「絶縁なんて……」という世間の声も気にならないわけではありません。しかし穏やかな生活を守るためには、ある程度の犠牲も伴うのかなと思っています。今のところは絶縁したときの覚悟を貫くつもりでいます。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・べるこ 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

べるこの記事一覧ページ

関連記事

【前編】義弟の奥さんに信じられない濡れ衣を着せられた
私は義父母と2世帯住宅で同居しています。 ここ数年、お盆も正月も義弟(夫の弟)家族が帰省しないので、義両親が寂しがっていました。 今年は義弟夫婦の子どもが小学生になるので、義両親がお祝いの件で連絡...
【後編】義弟の奥さんに信じられない濡れ衣を着せられた
義妹にとんだ濡れ衣を着せられました。義妹は義両親に会いたくない理由に「義姉(私)に来るなと言われた」と言っているのです。 義両親、私たち夫婦、義弟夫婦での話し合いの場を提案したら「(義妹)に聞く...
【前編】「もう離婚だ!」義両親との同居を勝手に決めてきた旦那に激怒!
私は3人の子どもを持つ母です。長男(24)、次男(21)、長女(18)です。今年から末っ子が就職をして一人暮らしを始めました。そのため現在、家に旦那と二人暮らし。 これから広々とした家で旦那と2人の...