いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】「諦めたら妊娠した」と聞いて治療を休んだけれど、妊娠しない。「諦める」の本当の意味は?

147_妊娠・出産_マメ美

頑張って妊活に取り組んできた投稿者さんは、「諦めたら妊娠したよ」という周りのアドバイスのもといったん妊活を「諦めて」みました。しかしそれでも授からない現実に「諦めても妊娠しないじゃん……」と肩を落としています。そんな投稿者さんに妊活経験者のママたちが、「諦めたら妊娠した」というアドバイスの本当の意味を伝えます。

「諦めたら妊娠した」は……成功したからこそ言えた言葉では?

『諦めた人、みんながみんな妊娠できるわけじゃないからね』

『そりゃできた人だけがそんな話するんだから当たり前。「諦めたけどできなかったよー!」なんてアピールしないでしょ』

『諦めたらできた人→嬉しくて言い回る。誰かの励ましに使っただけ。
諦めたし、できなかった人→そもそも不妊中に不妊の話題を限られた人にしかしてないから、結局それ自体知る人が少ない。不妊に悩んでるけどまだ頑張ってる人がいたとして「私は結局できなかったよ」なんて言わない』

そもそも「諦めたら妊娠した」という言葉は「妊娠できた」人からのものであり、あくまでも妊娠できた体験を伝えただけだというママたち。諦めた人が必ず妊娠できるという保証があるわけでもありません。「妊娠できた」ことがクローズアップされているだけで、その逆の体験については触れられていないことに気づくべきではと問いかけます。

「諦めたけれど妊娠しなかった」人も多くいるはず

『頑張ってもできない人も大勢いることが、あんまり認知されてないよね』

『あえて言わないだけで、諦めてできなかった人の方がはるかに多いでしょ』

『諦めてもできないときはできないと思うよ。10年間治療したけど無理だったから諦めた夫婦が知り合いにいる。諦めたから妊娠するとは限らないだろうね』

『私も同じ! 4年間治療して、「諦めたら妊娠した」って聞いたから通院やめてみた。旅行したり、2人で飲みにいったり、いろいろ出かけたりした。できないものはできなかった。1年後、また治療を始めたよ』

頑張って妊活に励んでも、良い結果に結びつかなかった人もたくさんいるはずです。結果として子どもを授かることができなかった人たちは周りに言わず、その葛藤を自分たちの心の中にしまって、乗り越えているだけなのかもしれません。

「諦めたら妊娠」という言葉の本当の意味とは?

『気休めの言葉だよね。精神的に追い詰めない方がいいよって意味だと思うわ』

『一度休んで別なことに目を向けたら? ってことなんじゃないかな』

『「諦めたらできた」というより、「妊活」じゃない他のことに夢中になることによってストレスが和らいで結果として……なのかもしれませんね』

「諦めたら妊娠」とは、妊活をお休みするといういう実質的なことではなく、精神的に妊活のストレスから解放されることを意味している……ママたちのアドバイスがリアルに響きます。

『結局、投稿者さんは諦めたフリしてるけど、諦めきれてないってことなんだろうね。「諦めたら妊娠するって言うから諦めてみるか」って感じで”妊娠するのを期待して”諦めたって、妊娠したい気持ちを持ったままだから。少しでも期待してる時点で、本当に諦めたときとは違うからね』

『治療はやめても、投稿者さんがまだストレスから解放されてないのかもしれないね。そのうち「もう、いいか」って思うときがくるよ』

「妊娠したい」という気持ちがある以上、そこに「少しも期待しない」とはなかなか難しいですよね。「諦める」とは頑張って思うものではなく、「もういいか」と心にストンと落ちる「そのとき」がくるのを待つ方がいいと、ママたちはアドバイスを続けます。

「諦めたら妊娠するよ」は励ましの言葉でもあるけれど……?

『真に受けたらだめだよー。諦めたらできるって、そんな無責任な言葉よく言えるよね。親友が不妊治療してて悩んでた時期もあったけど、そんなこと口が裂けても言えなかったわ』

『「諦めたらできるよ」ってセリフ、本人が苦しそうだから励ますために言ってるのかもしれないし、実際「治療やめたらできたー」なんて話は聞くけど、よく考えたら無責任だよね』

「諦めたら妊娠する」という言葉は、励ましの言葉のように見えて実は無責任な言葉なのかも? とママたち。あくまでも一部の体験談であって、誰にでも当てはまることではありません。アドバイスをしてくれた側も「そんなに自分を追い込まないで」と投稿者さんの肩をさするような想いで言ってくれたのかもしれませんが……デリケートな問題は双方の気持ちの受け取り方がなかなか難しいですね。

「妊娠」という奇跡がなかなか実現しないとき、実現に向かってどういう行動をとるのかはその人次第です。周りのアドバイスがありがたいこともあれば、ちょっと放っておいて欲しいと思うこともあるでしょう。しかしそれは妊活に限らず、婚活でも子育てでも、どんなときにでもいえることです。

『なかなか踏ん切りつかないよね。笑顔で楽しい日々を過ごせるといいね』

『他人の言葉なんて真に受けないで、やめるか続けるか自分で決めるしかないよ!』

『投稿者さんに幸せが訪れますように』

自分の未来は自分の気持ち次第。どうか投稿者さんが納得して心行くまで妊活に取り組めるよう願っています。

文・渡辺多絵 編集・千永美 イラスト・マメ美

渡辺多絵の記事一覧ページ

関連記事

【前編】「諦めたら妊娠した」と聞いて治療を休んだけれど、妊娠しない。「諦める」の本当の意味は?
「妊娠」や「出産」が奇跡の連続であることは、ママになる過程でこの身をもって経験して分かったことでした。そして妊娠自体が奇跡と理解していても、赤ちゃんを授かりたくてもなかなか授かれない「もどかし...
【前編】「妊娠しないといいな」妊活中の義理姉に腹黒い気持ちを持つ自分がいる……。この感情はなに?
私たちと義両親の家のすぐ近所に義姉も住んでいます。3年前に結婚した義姉は仕事をしているものの、しょっちゅう実家に帰ってきています。もちろん義姉は甥っ子である息子たちのことはとても可愛がってくれてい...
連載記事をイッキ読みしたい! に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
諦めたら妊娠なんて嘘ですね