いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ママ友の子は育てやすそうなのに、うちの子は……。羨むママにたくさんの喝と励ましの言葉!

pixta_36034658_M

子どもの成長を見ていると、ついついまわりと比べてしまうこともありますよね。「どうしてそんなに聞き分けがいいの?」、「え、もうひらがながかけるの!?」など他の子の方が優秀に見えると、つい「……それに比べてうちの子は」とガッカリしたり焦ってしまうこともあるでしょう。もしかしたら「私の育児が悪いの?」と不安になってしまうこともあるのかもしれません。今回相談をしてくれたママさんは、ママ友の子どもと比べて自分の子どもが“育てにくい”と感じてしまったようです。

『長いこと不妊治療して、やっと一人産んだら、かんしゃく持ちでめちゃくちゃ育てにくい。寝ないし言うこと聞かないし暴れる。義母にも「やっぱり無理して(不妊治療して)作った子だからかしら」とか言われるほど。もう本当に疲れた。

それなのに、一番仲のいいママ友は自然妊娠で双子。可愛くて賢くて、育てやすい子。同じ3歳なのに聞き分けがよくてひらがなもたくさん読めるし、絵本もすぐ覚えるし、公園でも「ママ、ママ~!」って甘えて可愛い。

なにこれ? なんでこんなに違うの? 育てやすい子と育てにくい子の差ってなに? 私だって一生懸命育てている。なのにもう子どもには差がついてるってどういうこと? もう疲れたよ』

相談者さんの子どもは相談の内容から察するに現在3歳のようですね。そしてかんしゃく持ちとのこと。幼い子を持つママのなかには、わが子のかんしゃくで悩むママも少なくありません。相談者さんはママ友の子どもたちの様子があまりにもいい子で、自分の子どもとの差を考えてしまった様子です。

子どもをまわりと比べるのはNG!

この相談に対して、相談者さんには同情と喝を入れる声が集まりました。

『私にもすごいかんしゃく持ちの子がいます。実家の親に「こんな育てにくい子初めて!」と言われ面倒を見ることは拒否されてしまいました。けれど相談者さん、まわりと比べてはダメだよ。ひとつもいいことないよ。メンタルを削られる思いでしょうが、子どもがなんでかんしゃくを起こすのか、根気よく見てあげてください。それなりのパターンがあるはずです』

『まず他人と比べるのは辞めた方がいい。比べたところで何になる? 何もならないじゃん。意味がないことをしている間に、子どもは親をしっかり見ているよ』

たしかに子どものお世話はとても大変です。聞き分けがなく奇声をあげる子どもにイライラしてしまうこともあるでしょう。それが日常的なのであれば、大きなストレスを抱えるのもうなずけますよね。ただ子どもの性格や成長をまわりと比べても、余計にストレスが溜まってしまうだけ。「自分の子は自分の子、よその子はよその子」とまわりと比べることなく自分の子どもの成長を見守ったほうが、他人と比べてイライラするよりもはるかに有意義ではないでしょうか。

今育てにくくても今後もずっとそうとは限らない!

また、「今育てにくくても今後もずっとそうとは限らない!」という体験談も寄せられています。

『姉の子が赤ちゃんのときからめちゃくちゃ育てにくい、気性が激しくてかんしゃく持ち、好奇心旺盛で元気で常に走り回っていて、障害を疑うくらいだったけれど、あっさり東大に入ったよ。小学校のときですら授業中喋りまくりでよく先生に話を聞け! って怒られていたとか。でも成績はよかった。コミュ力もあって社会人としても頑張っているよ』

『うちも第一子がかんしゃく持ちで育てにくくて、いつもキーキー言ってて本当に疲れ切っていたので、相談者さんのお気持ちとても分かります。そのときにまわりの育児の大先輩たちに「こう言う子は大きくなったらピタッと落ち着いて良い子になるんだよねー」と言われ、その度に救われて今は高校生です。反抗期は大変でしたが、本当にピタッと落ち着きました。第一子に比べて下の2人が本当に育てやすかったんです。でも今第一子は進学校に通って自分で段取り組んで行動できるタイプで、下の2人はのほほーんとしています。それはそれで全員個性だと思っていますが、「まだまだこれからだから大丈夫」と言いたいです。もう十分すぎるくらい頑張っているけれど、ママファイトー!』

今育てにくくたって、優しい人に育ったり、優秀な大学を出て社会のためになる仕事をしている人はたくさんいます。子どもの今に絶望するにはまだまだ早すぎる年齢ですよ。

すべての親に悩みがある、表面の良い所だけ見るのはやめよう

『上の子がかんしゃく持ちで育てにくかった。下の子は親の言うこときくし基本大人しいしいい子。今は2人とも小学生だけれど下の子の方が無理しすぎてないか心配。どちらも悩みはあるよ』

『かんしゃく持ちは大変かもしれないけれど、双子育児の過酷さを知らずに、よくそんなことだけ羨ましく思えるね。他人のことばかり羨んでいると一生しあわせになれないよ』

『隣の芝生は青いっていうしね。そのママ友も相談者さんには分からない悩みがあるかもしれないよ』

ママ友さんにはママ友さんなりの悩みがきっとあるはず。良い面だけしか見ようとしなければ、誰もが「羨む対象」になってしまいます。どのようなことであってもマイナス面ばかりを気にするのでなく、良いところや誇れるところを探して、自分にも子どもにも自信を付けてあげてくださいね。

文・物江窓香 編集・古川純奈

関連記事

ママはみんな、ともに育児に奮闘する”同志”!「よその子のかんしゃく」を目にして、ママたちが思うこと
ママたちが一度は経験したことがあるであろう、わが子の「かんしゃく」。ただでさえ、手のつけようがない状態に手こずるママですが……その場がスーパーなどの外出先だった場合「周囲はみんな迷惑している」と気を揉...
イヤイヤ期のかんしゃくがツラい!子どもの泣き顔の写真を撮ってみるのはどう?
子どもの癇癪、どう向き合っていますか? 我が家の2才娘も絶賛イヤイヤ期です。治まってきたかな? と思うと更にパワーアップしてまたぶり返したりして、気を逸らそうとしていろいろ声かけしても火に油で、...
子どものイヤイヤはいつまで続く?3歳の反抗期に効果的な声がけとは?
泣く・怒るを繰り返し、なかなか一筋縄ではいかない“イヤイヤ期”の子育てに直面すると、かわいいわが子のこととはいえ、心も体も疲れてしまうことがありますよね。ママスタコミュニティに、3歳の子どものママ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
育てやすい子、恵まれた子