いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

修羅場の陰にその人あり?トラブルの嵐を呼ぶ嵐子(らんこ)さんの話

嵐子さん1
嵐子(らんこ)さんというのは、私がつけたあだ名です。
人間関係でのいざこざやプチ修羅場があると、その中心ではなく、少し離れたところに必ずいる人っていませんか? その人は直接の被害者や加害者ではなく、「嵐(トラブル)のきっかけを作る人」です。だから、「嵐子(らんこ)さん」。
嵐子さんは、自分が作ったきっかけで人と人が喧嘩するのを眺めて楽しんでいるのです。

私が小学校のときの出来事です。

嵐子さん2
初めて嵐子さんに出会ったのは私が小学生のときです。それ以来、数々の嵐子さんに出会ってきました。

次は中学生のときの出来事です。
嵐子さん3
ママになっても嵐子さんはいたんです……。
嵐子さん4
大抵、嵐子さんはとても親切で、聞き上手で、話していると楽しい人です。しかしこちらが話した内容をうまくねじ曲げたり、時系列を巧みに入れ替えたりして悪意に満ちたストーリーを作り上げてしまうのです。嘘の中に事実が混じっていると、その嘘は真実味を増して説得力を持ってしまい、人は簡単に騙されてしまいます……。

そうなったら私は「距離を取ること」で対処してきました。
仲の良いママ友同士が険悪になったとき、身に覚えのないことで自分が加害者にされたとき、その陰には嵐子さんの暗躍があるのかもしれません。

文、イラスト・カヲルーン

カヲルーンの記事一覧ページ

関連記事

習い事を選ぶ基準を教えて!ママ友別「8つの基準」 あなただったら、どのタイプ?
みなさんは、子どもの習い事をどんな基準で選びますか? 習い事と言っても、近年は種類が豊富で選び放題と言っても過言ではありません。だからこそ何を基準に選んだらよいのか、多すぎて迷ってしまいますよね。 ...
マイナス12キロ!ダイエットを決意させた娘の痛烈な一言とは?
それはズバリ……。 娘が年長さんのころの話です。クラスの中では小柄な方ですが、それでも手足がすらりと伸びていました。 踊ることが大好きで、運動系の習い事と外遊び以外はゲームをしたり絵を...
子どもの好奇心が旺盛すぎる!ナンデナンデ攻撃への対応とは?
子どもの好奇心が旺盛すぎる! 少しずつ言葉を覚えて、やっとおしゃべりができるようになったかと思えば「なんで空は青いの?」「なんで鳥は飛べるの?」「なんで眠ると夢を見るの?」と、すぐにはじまるのがナンデ...