いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ふたたび、笑顔で会える日まで……【後編】 #いま自分にできることを

お隣さんの家に都会から子どもたちがきたと聞いた。
その言葉を聞いた途端、嫌な気持ちが沸きあがってしまい、私は思わずイヤそうな顔をしてしまった……。もし都会から来た子どもたちがウイルスに感染していたら……? 考えただけで恐ろしくなりました。昨日までテレビのなかのできごとだと思っていたのに、それがすぐ隣に……。2週間家を出ないなんて言ってるけど、子どもなんてすぐに飽きて出たい出たいって騒ぐでしょ? 万が一ウチの家族に感染したら……? これが原因でウチの地方でウィルスが爆発的に流行りはじめたら……? 考えるとどんどん怖くなってきてしまいました。あぁ……嫌だなぁ……なんでそんな子どもたちを受け入れたんだろう……。周りの迷惑とか考えないのかな。自分たちの都合ばっかりなんだな。スーパーでお隣さんに会ってからモヤモヤが晴れません。

翌朝、ポストに新聞を取りに行くと、お隣に誰かがきたようです。
チラッと見て見ると、おそらく子どもの母親らしき人が車の中でひとりで肩を震わせて泣いていました。

あのお母さんは、いったいどんな気持ちなんだろう……。こんなに人に迷惑をかけて……。
モヤモヤが止まらず、家に入りすぐに主人に”一連の経緯”を話しました。
後編01

後編02
すると牛乳が目に留まります。そういえば横井さん、牛乳見て考えていたな……。確かに牛乳は2週間もたないかもしれないな……。

後編03
正直、まだ怖くて直接会う勇気はなく、玄関外に置いていきました。私にできることといったら、これくらいなもの。でもなんでも否定的にとらえるのでなく、いまわたしにできることを少しずつやっていこうと思います。

※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・nakamon

nakamonの記事一覧ページ

関連記事

ふたたび、笑顔で会える日まで……【前編】 #いま自分にできることを
私は医療関係の仕事に就き、7歳、5歳、2歳の子どもを育てるワーキングマザーです。新型コロナウイルスの影響で3月から学校は休校になりましたが、主人も医療従事者のため、在宅で子どもを見守ることもままならず...
ふたたび、笑顔で会える日まで……【中編】 #いま自分にできることを
我が家は地方に住んでおり、自粛はしているけれど、弟夫婦が住んでいる都会ほど人も多くないためウィルス感染者も少ないようだ。 弟夫婦は医療関係の仕事をしている。どうしても他の人に比べてウイルスに感染...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタジアム
明日から子供疎開させる。悲しい