いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ふたたび、笑顔で会える日まで……【前編】 #いま自分にできることを

私は医療関係の仕事に就き、7歳、5歳、2歳の子どもを育てるワーキングマザーです。新型コロナウイルスの影響で3月から学校は休校になりましたが、主人も医療従事者のため、在宅で子どもを見守ることもままならず、学童、保育園に子どもを預けて必死で働いてきました。しかし感染病の勢いが日に日に増加しつつある日、主人が意を決したように口を開きました。
前編01

前編02
子どもたちと別れ、ひとり帰りの車に乗り込みましたが、なかなかアクセルを踏むことができません。一気に静まり返った車の運転席に座りながら、子どもたちの不安そうな顔が浮かんで離れませんでした。

前編03
この医療がひっ迫しているいま抜け出すわけにはいかないし、なにより新型コロナウイルス以外の病気で苦しんでる患者さんだってたくさんいる。だから私にいまできることは、ひとりでも多くの患者さんのチカラになれるように、この事態の終息に全力を尽くすことなんだ……。
涙をぬぐって、顔をあげ、私はアクセルを踏みました――――。

大丈夫、ママは絶対に笑顔で迎えに行くから。それまで待っていてね。
つづく

※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・nakamon

nakamonの記事一覧ページ

関連記事

ふたたび、笑顔で会える日まで……【中編】 #いま自分にできることを
我が家は地方に住んでおり、自粛はしているけれど、弟夫婦が住んでいる都会ほど人も多くないためウィルス感染者も少ないようだ。 弟夫婦は医療関係の仕事をしている。どうしても他の人に比べてウイルスに感染...
ふたたび、笑顔で会える日まで……【後編】 #いま自分にできることを
お隣さんの家に都会から子どもたちがきたと聞いた。 その言葉を聞いた途端、嫌な気持ちが沸きあがってしまい、私は思わずイヤそうな顔をしてしまった……。もし都会から来た子どもたちがウイルスに感染していたら...
前後編で楽しめる記事ページ に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタジアム
明日から子供疎開させる。悲しい