いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【前編】医療関係者だって怖い。それでも復職を決めた理由とは #いま自分にできることを

私の運命を揺るがす1本の電話がかかってきたのは、新型コロナウイルスの感染者が日に日に増えてきた4月の上旬のことでした。

もともと大学病院で看護師をしていた私ですが、14年前の出産を機に退職。

医療関係者だって怖い_出力_001
世界中の医療従事者が必死、日本の医療現場もひっ迫している状況に、胸が締め付けられる想いでした。そんなときにかかってきた1本の電話。看護師の団体からの、復職についての連絡でした。

医療関係者だって怖い_出力_002
しかし同じ看護師であるたくさんの人たちは、そのギリギリのところで毎日頑張ってくれている……。もちろん他の医療従事者の方、スーパーや配送などのサービス業の方々も同じです。みんな怖いはず……怖いけれど、目を背けてはいけない現実が目の前にある……。今まではテレビの中の出来事に近かった現状が、自分が関係者としての立場になってみて、改めて恐ろしさを肌で感じた気がしました。

医療関係者だって怖い_出力_003

後編へ続く

※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・べるこ

べるこの記事一覧ページ

関連記事

毎日笑顔で乗り越えよう! に関する記事一覧
ふたたび、笑顔で会える日まで……【前編】 #いま自分にできることを
私は医療関係の仕事に就き、7歳、5歳、2歳の子どもを育てるワーキングマザーです。新型コロナウイルスの影響で3月から学校は休校になりましたが、主人も医療従事者のため、在宅で子どもを見守ることもままならず...
子どもとずっと一緒の外出自粛生活にイライラ。でもこの生活ができるのは…… #いま自分にできることを
3月の頭から学校が休校になりました。最初は早めに訪れた春休みくらいの気分で子どもたちも喜び、私も「早起きしなくてラッキー」くらいに受け止めていました。 平日は1日に1時間と決めているゲー...
参考トピ (by ママスタジアム
連絡きた?元看護師の皆さん
看護職、110人復帰!!