いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】医療関係者だって怖い。それでも復職を決めた理由とは #いま自分にできることを

看護師の団体から、復職についての電話がかかってきたのは、新型コロナウイルスの感染者が日に日に増えてきた4月の上旬のことでした。

14年前に看護師を辞め、特に職に未練もなかったのですが……。この未曾有の事態に私は決意を固め、夫に復職について相談しました。

医療関係者だって怖い_出力_004「大変な仕事だよ? ましてやママみたいにブランクがあると、体力的にもきついと思う。現役のとき以上に、見たくない現実が続くと思うよ?」

夫は冷静に、現場復帰で起こり得ることを伝えてくれます。

医療関係者だって怖い_出力_005
「感染経路が不明な感染者だってたくさんいる。ママが復職してもしなくても俺たちが感染してしまうことだってあり得るし、どんな未来が待っているかなんて誰にも分からない。だからいまはそんなことを考えるんじゃなくて、事態の収束のために少しでも力になってきてあげてきて。俺は医療に携わる仕事じゃないから何もできないけれど、いま必死で頑張ってくれている医療従事者の人たちのためにも、いま、苦しんでいる患者さんのためにも、”できることがある”ってすごいことなんだよ。ママが復職することで、救われる命だってあるかもしれないんだからさ」
夫にも感じることはたくさんあったようですが、最終的には私の背中を押してくれました。

医療関係者だって怖い_出力_006非力な私ですが、こんな私でもこの事態に少しでも役に立てるように、久しぶりの現場で全力を尽くしたいと思います。毎日続く自粛生活も大変だとは思いますが、それぞれがいま自分にできることを頑張りましょう。

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・べるこ

べるこの記事一覧ページ

関連記事

コロナと共に生きる に関する記事一覧
【前編】医療関係者だって怖い。それでも復職を決めた理由とは #いま自分にできることを
私の運命を揺るがす1本の電話がかかってきたのは、新型コロナウイルスの感染者が日に日に増えてきた4月の上旬のことでした。 もともと大学病院で看護師をしていた私ですが、14年前の出産を機に退職。 ...
【前編】実母が義妹の子どもを4年間育てる!?同居せずまさかの浮気……?
実弟の奥さん、つまり私の義妹(Aさん)が「育児がつらい」と言っています。 私の実家、弟宅、わが家はいずれも近所です。 弟は義妹の療養を見守りたいとのことで、二人暮らしを続けています。そんな生活...