いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

娘は異世界から来たお姫さま!?娘を通じて改めて知った会話の難しさ

※この物語はあくまで個人の体験談です。

言葉の発達がゆっくりな娘は現在4歳。最近二語文や三語文が出てくるようになりました。
幼稚園に通うようになってから、語彙力が増えてきたと感じます。
しかし問題なのは「何を言っているのかわからないこと」があること。

娘はお友達との会話は楽しそうですが、聞いてみても聞き取れない言葉がしばしば……。それに対して娘は「なんでわかんない!?」とかなり不満気。
娘は異世界のお姫様1

娘は異世界のお姫様2

娘は異世界のお姫様3
言葉の発達がゆっくりな娘を気にかけてくれつつ、パパの楽天的で個性的な物事の捉え方で私も救われています。
これからも焦らずゆっくり家族みんなで頑張っていこうと思いました。

文、イラスト・猫田カヨ

猫田カヨの記事一覧ページ

関連記事

【前編】小学校へ行けなくなってしまった娘が初めてひとりで立ちあがった日の話
4月から小学1年生になった娘。ピカピカのランドセルを背負い、元気に登校する姿を見送る私は、少し寂しくもありつつ、大きくなった背中を見つめて目頭を熱くしていました。 しかし、新学期がはじまって1週...
言葉の遅い2歳児の娘と意思疎通がしたい!初めてのベビーサイン【前編】
言葉の発達がゆっくりな娘が2歳5ヶ月頃に行った、初めての言葉や発達の専門機関での面談のお話です。 言葉の発達がゆっくりな娘とコミュニケーションをとるために「ベビーサイン」を勧められました。ベビー...
娘のイヤイヤ期でイライラしているときに教えてくれた「パパの叱る基準」
3歳半の娘はイヤイヤ期がとにかくひどかったのです。 イヤイヤ期だから仕方ないと分かっていても、娘の行動に私もイライラが止まらない毎日を過ごしていました。 命に関わる経験をしたパパは...