いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】「息子に取り柄がない……」子育てが虚しいと感じているママ。そんなとき夫が気づかせてくれたこと

息子が生まれたとき、心に誓ったことがあります。「私は教育ママにはなりたくない」
……というのも私自身が「たくさん勉強して、いい学校に行きなさい」と両親から言われ続けていたからです。そんな経験から我が子には勉強も、習い事も、自分でやりたいと思ったらやればいい。好きなように生きて欲しい。そう、思っていました……。
【前編】「息子に取り柄がない……」

【前編】「息子に取り柄がない……」
それだけで十分……いや、本当はそれが何よりも大切なことです。わかっているのですが……それでも「自分の息子の取り柄があまりない」というのは、なんとも切ないです。優秀じゃないからって、愛情を減らしてはいけない。ありのままの息子を愛そう。
そう心の中でいつも言い聞かせているのですが、どうしても「育て甲斐」というものを感じられなくて……。

【前編】「息子に取り柄がない……」
そんなとき夫が口を開いて私にかけた言葉は――!?

後編へ続く。

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・しっぽ 編集・木村泉

しっぽの記事一覧ページ

関連記事

【前編】5歳の息子に20歳のママ。世間の目は冷たかったけれど、息子が成長した今……【息子と母の物語:エピソード3】
私は亡くなった姉の子どもを引き取り、養子にして育ててきました。私が20歳で息子が5歳の時です。私との年の差は15歳。「今日から一緒に暮らそうね」と言った私に、息子は無言でうなづきました。 ...
【前編】育児放棄!?「ママが帰ってこない」小学生の姪が夜1人でやってきた!原因はまさかの義姉の不倫
ちなみに義姉夫婦は別居中。夫と甥っ子(サキの弟)は隣の県に住んでいます。別居の理由は義姉に「夫の親の介護話」が上がったこと。義姉は介護をしたくないから別居を選んで、サキちゃんは「友達がいる地元に残...
【第1話】離婚してバラバラになった家族。口うるさい母親は子どもたちに選ばれなかった……
理想の母親ってどんな母親なんだろう……。子どもを育てれば育てるほど、自分が求めていた母親像が分からなくなってきてしまいます。私は「優しい」母親になりたかった。声を荒げて子どもたちを叱ることもなく、家族...