いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【SIDE:夫】

息子の生まれ月と保育園の入園時期の関係で、息子が生後5ヶ月のときに職場復帰をした妻。ある日、「今日は飲み会で遅くなるね!」とLINEをしたところ……。
生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【SIDE:夫】

確かに小さいうちから預けることに抵抗があるのも分かる。でも子どもなんだからすぐに順応するだろうし、何より産後すぐの妻は、育児にとても疲弊しているように見えた。だったら仕事しながらひとりの時間をもちつつ、子どもと物理的な距離を持った方が「妻のためにも」うまくいくと思ったのだった。
そもそもウチの会社は、まだ世間でいう「男性の育休」が残念ながら推奨されていない。だから正直、俺は何もできないと思う。協力できない人間が下手に口出しすることの方が無責任だと思って、妻に任せる形にしていた。でも、なんか仕事を辞めたさそうだったから、妻のために「そんなに悩むなら辞めたら」と提案をしたら怒られるし……。
実際に仕事がはじまってからも、情緒不安定だ……。時短で早く帰れるんだから、そこまで負担ではないのでは? と思っているのだが、そんなこと言ったら大変だ(苦笑)。そんな最近の妻のことを同期に相談しようとした飲み会の連絡の返信がこれだ。
俺は急遽飲み会をキャンセルして、家に帰宅した。すると家の中は真っ暗。子どもの保育園の荷物と小さな紙袋が玄関に置いてあっただけだ。妻は保育園から帰宅して、そのまま実家にでも帰ったのだろうか。

この紙袋、なんだ……? と思って中を開けると、搾乳器と母乳らしきものがついた哺乳瓶が入っていた。

なんで搾乳器が? もしかして会社で搾乳しているのか? ……まさかな……。でも、そういえば保育園に預ける前はずっと母乳育児だったし、急に出なくなるわけではないのかも?

急いで妻の実家へ向かうと、玄関の外でお義父さんが息子を抱きながら寝かしつけていた。
「お義父さん、すみません……」
中に通されると、妻の声が聞こえる。泣いているようだ……?
生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【SIDE:夫】

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【SIDE:夫】

子どもを産んだばかりの妻の身体は、まだ赤ちゃんと一緒にいるようにできているのだ。そのリズムに無理矢理仕事を入れ込んだら、そりゃ無理が祟るよな……。10ヶ月もお腹に宿して、産まれてからもずっと一緒にいて……まだ心も身体も「ふたりでひとつ」なところがあるのに、「物理的に距離をとった方が」なんて、なんて安易な考え方だったんだ……。「母と赤ちゃん」はそんな簡単じゃないんだ……。「妻のため」とか言いながら、面倒くさがって、本来目を向けるべきところに目を向けられていなかったのかもしれない。浅はかだった自分を恥じた。

妻と義母の話が一段落した頃合いに俺は部屋に入り、妻に謝った。
「ママ、今までひとりで悩ませちゃってごめん……。何もわかっていなかった……。お義母さんが言ってたように、ママがどうしたいか、ちゃんとふたりで話し合って、ママが一番笑顔でいられる方法で、ふたりでやっていこう。だから、もう一度ちゃんと話そう。今までごめんな」

やっぱり俺は「ママ」じゃないから、ママの気持ちを理解しきれる自信はない。でも「ママの笑顔」のために俺ができることは、どんなことでも協力しようと心に誓った。
「ママの笑顔」を守ることが、父親としての最初の仕事なのかもしれないな……。

脚本・渡辺多絵 作画・nakamon

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【前編】

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【中編】

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【後編】

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【SIDE:夫】

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【SIDE:実母&実父】

関連記事

生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【前編】
この度、第1子を10月に無事に出産することができました。はじめての我が子を抱いた瞬間、こんなにも小さく、そして愛おしい存在がこの世にあるということを教えてくれた息子に感謝し、自分の命が尽きるその日まで...
生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【中編】
保育園へ預けて働くか、それともやめておくか。夫とも相談しましたが、たいした答えも出ないままに、4月を迎えました。息子は5ヶ月になり、首がすわり、うつ伏せもできるようになり、表情が出てきた分、ますます可...
生後5ヶ月での職場復帰。トイレに流れる母乳と私の涙【後編】
息子の生まれ月と保育園の入園時期の関係で、息子が生後5ヶ月のときに職場復帰をした私。職場復帰後は搾乳した母乳をトイレに流し、時短勤務で思うように仕事ができない日々を過ごすことになりました。夫はそんな私...