いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

実母の料理が美味しくない……そのワケは?

pixta_59904376_M

“家庭の味”、“おふくろの味”とも言われるくらい、子どものころに食べるお母さんの料理はとても美味しくて幸せを感じられるものだったというママも少なくないでしょう。しかしあるママさんは、大人になって久しぶりにお母さんの料理を食べてみると……「あれ? なんだかおいしくない」と感じたそうです。

『あまり料理が好きじゃない実母。昨日、20年以上ぶりにハンバーグを作ってくれて食べたけれども、不味い……。固くて、味も薄く結局私が手直しして食べられるようになった。以前はここまででもなかったのに、私が結婚してから14年間、ひとり暮らしで料理しなくなったせいかな? それとも年老いたから? 皆さんのお母さんは変わりないですか?』

お母さんの料理の腕が落ちたのは長いことひとり暮らしだったからなのか、それとも年齢を重ねたからなのか……皆さんのお母さんの料理の腕はどう? という質問に対して、さまざまなコメントが寄せられました。

お母さんの料理の腕は変わった?

まずはみなさんのお母さんの料理の腕に変化があるのかないのかを見ていきましょう。

変わらず美味しい

『なぜかわからないが、同じように作っているはずなのに、60代のお母さんの料理のほうが美味しい』

『66歳の母。両親共に高血圧の薬飲んでるから塩分は昔より少ないけれど、塩分を減らしている変わりに昆布や花鰹からしっかり出汁を取るようになったから、和食系はさらに美味しくなった。和食以外でも塩分を減らす変わりに以前より香辛料や薬味使うから、これまで以上に美味しくなったと思う。』

『70前半だけど、変わらずおいしい』

「年齢を重ねても、お母さんの料理は相変わらず美味しい」と答えてくれたママもいました。レシピを教えてもらって、同じように作っているのになかなかお母さんの味を超えられないものですよね。

以前より美味しくない

『もともと料理好きではなかったけれど、作れば下手ではなかった。でも歳のせいもあるのかな、やっぱり味は落ちているし、ご飯作りがおっくうらしく、スーパーのお弁当やコンビニのおにぎりばかりだったから、1週間に1度作りおきを持って行ってあげている。80歳だから仕方ないね』

相談してくれたママさんと同じように、お母さんの料理の腕が落ちているというコメントもありました。一体、なぜお母さんの料理の腕が落ちてしまうのでしょうか? 料理の腕が落ちる人と落ちない人の差はどこにあるのでしょうか?

お母さんの料理の腕が落ちた原因を推測するコメント

お母さんの料理の腕が落ちた原因を推測するコメントも集まったのでみていきましょう。

ひとり暮らしが長いことや年齢が原因かも

『料理好きで料理上手な母だったけれど、やはり年とともに、手順、段取りや味付けがおかしくなってきているよ』

『野菜を切ることが面倒みたいで、野菜がデカい』

「誰かのために美味しく作ろう」と思うことが原動力になって、料理に影響する場合があるのではないでしょうか。ひとり暮らしになって食にこだわりがなければ、料理に手間暇をかけなくなることで、料理の腕が落ちてしまうのかもしれません。
また参考サイトによると、味覚は舌の表面や口腔内の粘膜に存在する味蕾(みらい)という部位で感知されるようです。味蕾の総数は0~20歳で平均245個、74歳以上の高齢者では88個と、20歳以下と比べると約3分の1の数になるのだとか。このことから、味覚が変わってしまって料理の腕前が落ちた可能性も考えられますね。

参考:日本大学医学部耳鼻咽喉・頭頸部外科「加齢と味覚障害

加齢に伴って足腰が弱くなり、台所で長いこと立仕事をすることが辛くなる人もいれば、老眼などで細かい作業がしにくくなる人もいることでしょう。ママスタBBSではこういったことを踏まえて、料理の腕が落ちたのは加齢が原因の可能性があると推測している方がいました。

ママさんたちの料理の腕が上達したからなのでは?

『わかるー! 昔はなんとも思わなかったけれど、美味しくない料理がいくつかある。ハンバーグはヤバい。もちろん母が作ったほうが美味しいものもあるけど。 私、料理上手になったんだなーって思うことにしている』

もしかしたらママさんの料理の腕がお母さんよりも上達したのでは? というポジティブな声も。今の時代はさまざまなレシピをスマホなどであっという間に調べることができますよね。調味料なども昔に比べると豊富なのではないでしょうか。そのためお母さんの料理の腕に変わりはなくても、「子どものころに感じたほど美味しくない」と感じてしまうのかもしれませんね。
お母さんの料理の腕が落ちたのなら、今度は子どもであるママさんの番なのかもしれません。子どものころに感じた“母の手料理の愛”を、今度は“子どもの手料理の愛”としてお母さんに伝えてあげるのはいかがでしょうか。

文・物江窓香 編集・blackcat

関連記事

子どもの頃食卓に並ぶとうれしかったおかずは?大人になった今も食べたくなる「おふくろの味」
ママになると毎日、食事の支度に追われて大変ですよね。そういうママたちも子どもの頃、お母さんが食事の支度をしているときの香りからおかずを予想したり、食卓に並んだおかずを眺めてはうれしくなったりし...
ママだって、たまには「お母さんのごはんが食べたい!」……限られた機会を大切にして
いつも母親として家事や育児を頑張るママたち。毎日家族のためにごはんやお弁当をつくる生活に、ふっと疲れてしまうこともありますよね。あれが食べたい、これが食べたい、おなか減ったー! と無邪気に言っ...
いつも同じでごめんね……。「お弁当」は親から子どもへの「愛してる」の手紙
子どものころに食べたお弁当は、今でも覚えていますか? あるママからこんな投稿が寄せられました。 『お母さんが作ってくれた弁当について、どのように記憶に残っていますか? よかったら教えてく...
参考トピ (by ママスタジアム
実母の手料理