いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

毎日子どもに怒鳴ってしまい落ち込むママに贈る「まあいいか」の魔法

エプロン姿の女性

怒ってばかりいても仕方がないのに、ついつい子どもに怒ってしまうことってありますよね。行き場のない怒りのせいで爆発してしまったり、そんな自分に嫌気がさしたり。

今回ママスタBBSに投稿されたのは、毎日子どもを怒ってしまい落ち込んでいるママからのものでした。

『イライラして子どもに怒鳴ってばかり。何しても何されてもイラつく。かわいいのにイラつく。子どもも全力で反抗してきてますます怒りが収まらなくなる。もう疲れた』

明日は怒らないようにしよう。そう思ってもなかなかできない。周りのママたちはもっとうまく子どもと関係を築けているのに私にはできない。

そう思う気持ちが加速してしまい、どんどん落ち込んでしまう気持ちはよくわかります。少し疲れてしまった投稿者さんにBBSにいたママたちはどのようなアドバイスをするのでしょう。

毎日怒鳴ってばかりで疲れました

『子どもは4歳です。イヤイヤ期を抜けて幼稚園に入り、ようやく落ち着いてきたかなと思ったのもつかの間で、すごく口答えが激しく生意気になってきて私のいうことを聞かないし言い訳ばっかりする。私があまり口が立たないほうだからすごくイライラする。よくしゃべる子で、おとなしくして欲しいことにもイライラする。子どもに合わせきれない自分が悪いのはわかってる』

子どもとママ、お互いにうまく感情のコントロールができなかったり、意思の疎通ができなかったりすることは珍しいことではありません。だからこそ自分を責めてばかりいてもつらくなるばかりなので、なんとか解決方法を探したいものです。

ママたちから集まった共感の声

『毎日同じことを何度も言わないといけなくて疲れる。キレないということを聞かない。約束も守らないでわがままばかり。疲れた』

『イライラする気持ちはわかるし、イライラしない人はいないよ。周りは楽そうにみえるだろうけどね』

『私も子どもとの関係が悪化するだけと分かっていながらも、怒ることがコントロールできなかった』

怒りという感情をコントロールするのはとても難しいものです。行き場のない感情は大きければ大きいほど、消すためには体力も神経も使います。まだ意思の疎通が難しい年ごろの子どもが相手ともなれば、イライラすることが多いのはよくわかります。

子どもに対する怒りとうまく付き合う方法

同じような経験をしてきたママたちの声から、子どもに対する怒りとうまく付き合う方法を考えてみました。少しでも同じ悩みを抱えるママたちの役に立てればいいのですが……。

怒っても怒鳴らない

『怒鳴るのやめて子どもの話し聞くようになったら、子どもも感情を剥き出しにしてくることがかなり減ったよ』

『私もイライラしやすいけど、怒鳴り散らさないように意識してる』

もしかすると一番難しいことかもしれませんが、子どもに怒りを感じたときに怒鳴ることをやめてみましょう。ヒートアップして怒りのやり場がなくなり怒鳴ってしまう気持ちはとてもよくわかります。簡単にコントロールできることではないこともよくわかります。だからこそ頑張ってほしいのです。

怒鳴りそうになったら、深呼吸をするとか、その場を離れてトイレやお風呂場など一人になれる場所で気持ちを落ち着かせるなど、自分なりの儀式を決めておくと少し楽になれるかもしれません。最初から100%を求めずに、少しずつでいいので試してみてください。

怒りの原因を取り除けないか考える

『どういうタイミングに特にイラつくとかわかる? イライラの元を断てば、少し冷静になれるよ。私の場合だけど』

常に怒り続けていると思い込んでいても、冷静になると毎日同じ理由で怒っているかもしれません。まずはその怒りが何かを探してみてください。そしてその問題に対する対策ができないか考えてみましょう。

ひとつでも怒りの種が減れば怒らなくても済むかもしれないので、怒りを書き出すなどして気持ちの整理をしてみてもよさそうです。

子どものペースに乗せられない

『どうにもならないときは無言を貫く。何言われてもされても、何にも言わない。ただ、危険なことがなければ黙っておく』

『子どもにペースを握られないように冷静でいた方がいいよ。私もその都度ムキになってたけど、ムキになるから相手も下に見るんだよって諭されてから一息置いてから叱ってる。ただし、命に関わるようなイタズラや行動とかは別ね』

子どもがヒステリックになったり、怒られるとわかっていて行動したりすることに、ママが乗せられないようにすることも大切です。

投稿者さんもお子さんが生意気な口をきくことにイライラすると話していましたので、そのようなときは相手にしないことを徹底してみてはいかがでしょう。悪い言葉を使うお子さんの場合も同じです。

「まあいいや」って大切

『子どもに「できるはず」、できたら「当たり前」と思ってるからじゃないの? まだできないのが普通と思って接してあげてよ』

毎日のように子どもを怒るのは、子育てをしているママならみんなが経験してることかもしれません。だからどうかそのことに落ち込まないでください。4歳ともなればこれからできることがどんどん増えていきます。こちらが話して聞かせることで理解できることも増えていくでしょう。

だから今は「まあいいや」という言葉を心の中で繰り返してみてください。「なぜ?」「どうして?」と子どもができないことを数えていると気持ちが疲れてしまいます。「まあいいや」「できなくて当然!」と、どーんと構えてみてはいかがでしょう?

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

男の子に怒っても響かないのは、「ママの声の高さ」が原因だった!?
「棒を持って走っちゃダメって言ったでしょ!」「聞いてるの!?」と注意しても「うん。聞いてる、聞いてる」で流す男の子にイライラしているママもいるのではないでしょうか。「男の子には、お母さんの高音域の...
口うるさい自分を変えたい!子どもにお小言ばかりで自己嫌悪になるママが知っておきたい視点
「お片づけして」「宿題はやったの?」「何度言ったらわかるの!」こんなお小言、日常茶飯事という方は少なくないのでは? もちろん子どもをしつけるために必要な教えではありますが、同じことを何度言って...
癇癪(かんしゃく)期の3歳の子ども……きょうだい愛で包まれた小さな心の成長
5歳の長女と3歳の長男がブロックで遊んでいました。 絶賛・癇癪期の長男は、できないことがあると物にあたり人にあたり、すぐに絶望してしまいます。「もうねぇねとは遊ばない!」と泣き出し大騒ぎ。私はし...
参考トピ (by ママスタジアム
毎日怒鳴ってばかり。育児をやり直したい。