いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

保育園では良い子なのに?ママが子どもを褒めるチャンスを無駄にしていた話

褒める 子ども

家庭ではお世話にイヤイヤして逃げ回り、あの手この手の日々なのですが、どうやら保育園では正反対らしい、2歳の息子・ちぃくんです。

保育園のお迎えの際に、たびたび「今日も鼻かみ上手にやらせてくれてたくさん鼻水とれましたよー!」などと先生が褒めてくださっていました。しかしその様子は、あまりにも家庭での様子と違いすぎるのです。

褒める 子ども

いつも「家では大人しくさせてくれないくせに~!」と笑いながら、つい皮肉を言って終わってしまっていました。

しかし、ある時に気付いたのです。

「あれ? これってもしかして褒めてあげるところじゃない? せっかく褒めてもらえているんだから、そこで親も認めてあげないと、”良い事なんだ!”って子どももわからなくなるんじゃないかな?」

褒める 子ども

早速、次のチャンスからは一緒に褒めてあげることを意識したところ、息子もニッコリ笑顔で返してくれるようになりました。

……かといって、家でのお世話に劇的変化が起きたわけではないですが(笑)。

保育園では、イヤイヤと甘えずに頑張ってくれているんだ! ということを忘れずにいたいなと思いました。

文、イラスト・Ponko

関連記事

三人の子どもの断乳で発見!スムーズにおっぱいが離れた「パパによる断乳」
長女が一歳三ヶ月のころ、諸事情で断乳を決意! ある程度言葉で教えたり、準備をしつつ始めたけれどやっぱりそんなに簡単にはいきませんでした。 添い乳でしか寝たことのなかった娘、おっぱいなしで寝かせる...
断乳が申し訳ない?ママは罪悪感を持たないで!もし失敗したら次のタイミングは?
母乳育児の一大イベントといえば卒乳・断乳です。おっぱいは何歳でやめればいいのか、卒乳・断乳することで子どもが辛い思いをしないのか、考えれば考えるほど悩んでしまうのではないでしょうか? 多くの...
もうつきあいきれない!わが子の偏食に悩むママたちの叫び
ママたちが子どもの成長のため、栄養バランスを考えながら用意している日々の食事。しかし、好き嫌いの多い子どもからは、あれはダメ、これもイヤだ……。食べものを片っぱしから拒否されてしまうというママもい...