いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

もうつきあいきれない!わが子の偏食に悩むママたちの叫び

pixta_17517811_M

ママたちが子どもの成長のため、栄養バランスを考えながら用意している日々の食事。しかし、好き嫌いの多い子どもからは、あれはダメ、これもイヤだ……。食べものを片っぱしから拒否されてしまうというママもいるのではないでしょうか。手を尽くしたママたちはもう限界寸前、心がポッキリ折れてしまいそう。

『偏食につきあいきれない。ダメなものは見ただけで、えずいて「おぇっ」。混ぜ込んでも、揚げても、煮ても、焼いても、無理。
そんなにイヤなら食うな! もう作らないよ! 今まで平気だったものすら「おぇっ」ってなるなら何食べさせたらいいんだよ!』

ママスタBBSからも、4歳になるわが子の偏食にお手上げだというママの悲痛な叫びが聞こえてきました。いったいどうすれば食べてくれるの!?

うちの子も偏食です!ママたちからの嘆きの声

トピックには「うちの子も偏食です!」「うちも何も食べてくれなくて困っている」という共感のコメントが次々と書きこまれました。子どもの偏食に悩んでいるママは多いのですね。

『うちも好きなものしか食べない。おかずは好き嫌いが激しいから、だいたいがワカメとお麩の味噌汁とご飯のみ』

『うちの子もうどん、ふりかけご飯しか食べなかった』

『うちも幼児のとき、かけうどんと鮭フレークご飯と果物しか食べなかった』

『うちもそう。小さい頃から「おえっ」となることが多くて、食べられるものが極端になかった。いろいろ工夫したけど飲みこむどころか、口に入れたら即吐くの繰りかえし』

『ほんとイライラするよね。うちは上の子はすごく食べるのに下の子が偏食。真似して食べればいいのに、僕は食べれないやとか文句ばっかり』

ママたちが嘆く子どもの偏食は、もはや好き嫌いが多いというレベルではありません。逆に食べられるものを挙げた方が早く、その数は片手の指で足りるという状態! わが子が白米やかけうどんのみで生きているとなれば、栄養が足りているのか心配になるのが母ゴコロでしょう。せめて一口でもおかずを食べてほしいですよね。
しかしその願いもむなしく、子どもは食べものを「べぇー」と口から出したり、見ただけで「おえっ」と吐き気をもよおしたりしているそう。偏食の子どもとママとの必死の攻防戦は、こうして全国各地で繰り広げられているのですね。

偏食もいつかは終わるもの。経験者のママたちから励ましの声

ママはイライラ、偏食の子どもは不機嫌。日々の食事をめぐる不毛な戦いは、いつか終わる日が来るのでしょうか? そんな不安に対して先輩ママさんたちが経験談を語ってくれました。

『うちの子も偏食。ずっと悩んでたけど、無理して食べさせなくていいっていってくれた小児科の先生に出会って救われた。幼稚園に行きはじめたら少しずつ食べられるようになってきた!』

『幼稚園入ると給食食べるようになったりして変わることがあるよ。うちの上の子、白飯しか食べない時期あったけど普通の小学生になったよ』

『親戚の子がそんな感じだった。インスタントラーメンくらいしか食べなくて本当にお母さん苦労してたみたい。小さい頃はそんなだったけど高校生になった今はそんなの嘘みたいになんでも食べる子になったよ。背も180cm近い。今は食べられるもの食べさせておけばいいよ』

『大丈夫。大丈夫。うちも幼児期まではオエオエ吐かれてたけど、小学校高学年になったら自分から何でも挑戦するようになった。今では風邪もめったに引かないような健康体だよ』

『うちも大変だったー! 小学生の今はいろんなもの食べられるようになった。今までの偏食はなんだったんだ、あんなに悩んだのはなんだったんだ、ってくらい。偏食以外に特に気になるところがなければ大丈夫だよ』

経験者のママたちからは、集団生活に入って給食がはじまったり、成長期で食欲が出てきたりしたタイミングで食べるようになったという声が多くあがりました。あんなに悩んだ過去の日々が嘘みたいだというコメントも。現在進行形でわが子の偏食に困っているママたちにも、いつかそんな風に言える未来が待っていることを祈ります。

『少しずつでも大きくなってればそんなに心配しなくても大丈夫だよ。もともとあまりエネルギー必要じゃない子なのかも。お子さんが元気に過ごせてるならそれはママの努力の賜物だよ』

偏食であっても子どもが毎日元気に過ごせているのならば、それはさまざまな食事を工夫しているママの努力のおかげなのです! 心が折れそうなママたちはひとまず落ち着いて、自分のこれまでの頑張りをほめてもいいかもしれませんね。子どもの成長とともに食べられるものが増えていくことを信じて、偏食の幼児期をのりきりたいものです。

文・井伊テレ子  編集・山内ウェンディ

関連記事

筋金入りの偏食の子どもが、初めてぶどうを食べられるようになった日
ある日、ママ友のSNSの投稿にぶどうの写真がありました。特別でも何でもない、普通のぶどうの写真です。投稿の内容は、6歳の息子が初めてぶどうを食べた、という話でした。 初めてぶどうを食べたというだ...
子どもの偏食の原因とは? ママたちの対応策
子どもの偏食に悩んでいるママはとてもたくさんいます。野菜嫌い、食わず嫌いなど、小さい子どもの偏食は気分によっても左右されるので、ママたちは毎日大変ですよね。
野菜ジュースもオススメ?専門家が伝える、子どもを野菜好きにするための3つのポイント
お子さんは、食べ物の好き嫌いはなく、何でも食べてくれますか? 何でもモリモリ食べてくれるならいいけれど、好き嫌いのある子に「野菜を残さないで!」「一口でいいから食べてみて!」といった声をかけて...
参考トピ (by ママスタジアム
偏食に付き合いきれない