いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもが好物ばかりを食べる!食事の進め方を変えて失敗した話

01
いつの間にか完食できることが増えてきて、時にはこちらがびっくりするような量をたいらげてしまうこともあります。

離乳食のころからずっと食べないことで悩んでいました。卒乳を待っているおっぱいも、「食べられないならやめたほうがいいんだろうか?」と考えていたこともあります。結果的にはおっぱいも飲みながら、たらふく食べるタイプの子となり一安心……でしたが。

02
こちらが促してやっといろいろ食べてくれることもありますが、気分が乗らなければ一切拒否で好物ばかりをたくさん食べるという感じです。
03

昔は食べてくれるだけでも万々歳だったので、当時の感覚を引きずって「食べてくれるならそれでいい」と思いがちでしたが。結果、確かに量を食べてくれるようにはなったけれど、「これはこれで、栄養バランス的にどうなんだろう?」と心配になってきてしまいました。

なので、最初から好物ばかりに偏ってしまわないように、まずは他のものを食べて、それから好物を楽しんでもらおうと、食事の進め方を変えてみることにしました。

これが失敗でした。

04

そうです、バランスを考えて与えようとしたところで満腹にさせてしまい、ちぃくんにとってお楽しみの好物が食べられなくなってしまったのです。

栄養を考えることももちろん大切ですが、好きなものが食べられないのはツライ……!

”楽しい食事を”……これをまた忘れてしまい失敗したなと思いました。

文、イラスト・Ponko

関連記事

断乳が申し訳ない?ママは罪悪感を持たないで!もし失敗したら次のタイミングは?
母乳育児の一大イベントといえば卒乳・断乳です。おっぱいは何歳でやめればいいのか、卒乳・断乳することで子どもが辛い思いをしないのか、考えれば考えるほど悩んでしまうのではないでしょうか? 多くの...
もうつきあいきれない!わが子の偏食に悩むママたちの叫び
ママたちが子どもの成長のため、栄養バランスを考えながら用意している日々の食事。しかし、好き嫌いの多い子どもからは、あれはダメ、これもイヤだ……。食べものを片っぱしから拒否されてしまうというママもい...
三人の子どもの断乳で発見!スムーズにおっぱいが離れた「パパによる断乳」
長女が一歳三ヶ月のころ、諸事情で断乳を決意! ある程度言葉で教えたり、準備をしつつ始めたけれどやっぱりそんなに簡単にはいきませんでした。 添い乳でしか寝たことのなかった娘、おっぱいなしで寝かせる...