いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

恥ずかしがり屋の子どもでもイベントを楽しめるようになる方法とは

2歳の息子・ちぃくんは、誕生日パーティーで自分が主役になったり、クリスマスなどで仮装をしたりすることに、照れて拒否をしてばかりでした。

しかし先日、保育園の先生から、そんなちぃくんも楽しんで仮装イベントに参加できる方法が見つかったと報告がありました。

引っ込み事案 内向的 イヤイヤ期

引っ込み事案 内向的 イヤイヤ期

そんなちぃくんの気持ちに同じく私も照れ屋ではあるので、大きく共感できなるほどなと思いました。

引っ込み事案 内向的 イヤイヤ期

確かに家庭でも、これまで「イベントごとは全て子どもが主役!」と思ってばかりで、大人側は何もしないのに、ちぃくんだけにパーティー帽子などを被せてあげようとしているだけだったなと。

もしかしたら、ちぃくんにはまず大人が楽しむ姿を見せてあげないと、楽しいことなのかどうかもわからなかったのかもしれないなと気づかされた出来事でした。

文、イラスト・Ponko

関連記事

好きで‟おねえちゃん”になったんじゃない!#ママが知らない子どものキモチ
  脚本・渡辺多絵 イラスト・もっちもちふっわふわ...
仲間外れにされている女子を助けた息子。行動を起こしたきっかけになったものとは?
いろいろあって後から聞いた、中学生の息子の話です。 特に女子の間では浮いていたそうで、グループ活動になると一人だけ浮いてしまい半ば押し付けあい(?)のような形になっていたようです。それで...
人間関係の壁にぶつかった娘に勇気をくれた担任の先生の言葉
私にも身に覚えがありますが、小学校高学年くらいの時期、女子ならではの人間関係が難しくなってくる時期ですよね。 元々ポジティブ思考の娘は、嫌なことがあってもすぐに忘れたり、受け流し...