いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

舞台役者の旦那が家で練習していたら、お隣から苦情!うちの美声も外では騒音!?

Businessman playing guitar at home
皆さんはお芝居は好きですか? ミュージカルなどが好きな人は、毎日でも観劇したいと思うかもしれません。でも近所から、頻繁に歌を練習する声が聞こえてきたらどうでしょう? 今回、ママスタコミュニティに投稿された相談は、ミュージカルの舞台役者の旦那さんが家で練習していたら、隣の家から苦情が来たというものでした。

『旦那がミュージカルの舞台俳優です。19時ごろに部屋で練習していたらお隣から苦情がありました。歌っていた時間は30分ほどで、練習が終わって時間が過ぎた22時に苦情を言って来られました。夜にうるさかったと言いに来るっておかしくないですか?』

旦那さんは地方公演や稽古で自宅にいない期間もあり、毎日家で練習しているわけではないようです。

プロの舞台役者なら声量がありそう。やっぱりうるさかったのでは?

いくら歌の上手いプロの舞台役者の声でも、近所から練習する歌声が聞こえてきたらちょっとうるさく感じる人もいそうです。どんなにミュージカルが好きな人でも、日常生活を送る中で、しかも具合が悪かったり、落ち込んでいたりするときに歌声が聞こえてきたら、やはり少し迷惑かもしれません。

『苦情を言おうかやめておこうか迷っていたのかも? 舞台役者なら声量もあるだろうし』

『売れている役者さんなら、なおさら周りに配慮した方がいいのでは?』

『夜の19時に大声で歌われたら、それは迷惑だと思う』

昔からのご近所さんは小さな頃から歌の練習をしていることを知っているけれど……

『家は旦那の実家で、旦那は小さいときから歌っていたみたいです。音大に通っている間の練習も、結婚した今も家で練習しています。旦那を小さい頃から知っている近所の方はみんな、応援してくれていて、タダで歌が聴けて嬉しいって喜んでくれています』

と投稿者のママさんは言います。苦情を言ってきたのは最近越してきた方だそうです。引っ越してきたご近所さんは、歌声が聞こえてきて戸惑ったことでしょう。一方で、今まで特に問題もなく生活してきた投稿者さんも、突然の苦情に驚いたようです。この投稿に対してもコメントが届きました。

『歌を聴けてうれしいってお世辞だと思うよ』

『歌が聴ける=うちまで聞こえてくるわよっていうことじゃないの?』

ママたちは本音と建て前を聞きわけた方がいいことをアドバイスしてくれたようです。

音の出る練習は、防音対策をしっかりと

プロの舞台役者なら、練習部屋は防音室にしたほうがいいというものがママたちの意見のようです。

『今後も歌の練習を続けるなら一室防音にした方がいいよ。そうすれば夜中でも歌えるし、苦情きて気分悪くなるようなこともない。他人の大きな声って時間関係なく気になってしまうし、対策したら?』

『私もクラシックの歌の仕事をしているけど、レッスン室は防音の造りにしているよ』

『いやいや……カラオケボックスに行きましょうよ』

『舞台役者ならレッスン場で練習できるんじゃない? 19時くらいなら』

プロの歌手とまではいかなくても、お子さんがピアノやバイオリンなども含めて音楽の練習をしているお家も多いですよね。練習の際にはどのくらい音が漏れているのか、一度外から聞いてみて把握しておくことがいいのかもしれませんね。

そして音が漏れているようならば、まず自分でできる防音対策をしてみてはどうでしょうか? 防音マットやカーペット、また防音カーテンや遮音テープ、遮音パネルなど外に音が漏れないようにするグッズを活用してもいいかもしれません。夜は避けた方がいいですが、昼間でも練習する時間を決めることも大事なことかもしれませんね。

また、やはり普段から近隣の方とのいい関係を作っておくことも大切です。ご近所さんに会ったときは、「こんにちは」と挨拶したり雑談したり、たまにお土産などを持って行くなどして、いい関係を続けられるといいですよね。

音を出しているお家は、意外とその音の大きさに気づかないこともあるかもしれません。苦情が来る前にご自分の家の音を確認して、できる範囲の防音対策をしてみることがもめ事にならないために大切なことなのかもしれません。

文・岡さきの 編集・山内ウェンディ

関連記事

マンション内でのハロウィンイベントは騒音?開催にあたってママたちが気をつけているポイントとは
ハロウィンといえば、魔女や吸血鬼などの仮装に、カボチャで作ったジャック・オー・ランタンの飾りもの。そして子どもたちが家々を訪ね歩く「トリック・オア・トリート」のイベントを思い浮かべる人もいるか...
大人とは違う!? 知っておきたい、子どもの「聞こえ」と騒音・雑音の関係
私たち現代人は、毎日たくさんの「音」に囲まれて暮らしています。テレビやラジオ、音の出るおもちゃやテレビゲーム、電車や自動車、お店やレストランのBGM……。技術が進歩しモノが増えれば増えるほど、...
子どもの声は騒音でしかない!? 開園予定の保育園が開園断念
千葉県市川市で2016年4月に開園予定だった私立保育園が「子供の声でうるさくなる」などの近隣住民の反対を受け、開園を断念。昨年8月に開園の看板を立てたところ反対運動が始まり、住民は市や社会福祉...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
苦情きたんですが