いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

映画館→ポップコーン屋さん?子どものオリジナルワードが面白い

happy little girl face to camera pointing air

子どもが言葉を覚え、たどたどしくお喋りをし始めると、大人では想像もできないような言い間違いや、オリジナルワードをたくさん聞くことができます。
子育て中の疲れた気持ちをほっこりさせてくれたり、癒しを与えてくれるかわいい子どもたちのオリジナルワードが、ママスタBBSにたくさん寄せられていたのでご紹介します。

子どもらしい、かわいい言い間違い

「うちの子も言ってた~」というものから、「かわいすぎる!」と思わず笑ってしまうものまで、子どもたちの持つ面白い才能にほっこり。

『肉じゃがを、じゃが肉と言う。家だけだろうな……』

単語が逆さまになってしまうパターン。あるあるですね。

『茶碗蒸し→むむし』

その「む」はどこから……?

『ガソリンスタンドをガソリンランド』

いっきにテーマパークになりました。

『てるてる坊主→てれてれ坊主』

恥ずかしがり屋さん?

『映画館→ポップコーン屋さん』

映画館で食べるポップコーン、美味しいですよね。

『リモコンのことをピッピといってる』

これは納得! 「ピッピ」ですね。

『扇風機をチーチープー』

リズム感も語感も似ていませんが、子どもにはこう聞こえるのかも。

『ブロッコリーをどうしてもブロッコリンと呼ぶ年長の娘』

正式名称に格上げしてほしいかも。「ブロッコリン」。可愛いです。

ちょっと外では言わないでほしいかな……(笑)

まさに、子どもあるあるの「それはダメ~!」というへんてこワードも忘れちゃいけません。

『落ちげ→落ちてるチ〇毛』

絶対に外で言ってはいけません……。

『脚の付け根のとこ、コマネチっていう。ビートたけしのコマネチってギャグ見て、あのビキニライン? をコマネチっていうと思ってる』

これは誰のせいでもありませんね。勘違いしやすいかも。

『逆立ち→さかなちん』

難しい体操技がいっきにゆるキャラの名前みたいになりましたね。

『DVDをAVDと呼ぶ…ちょっとやだ(笑)』

これも絶対、外で言ってはいけませんね……。

ご紹介したようなかわいい言い間違いやオリジナルワードが聞けるのも、言葉を覚えはじめてから4~5歳くらいまででしょうか、短い期間に限られています。
今だけという気持ちで聞くと、さらに愛おしさが増しますよね。

子どものかわいい言葉を、動画や録音で残してあげると、いい思い出になるのではないでしょうか。

文・鈴木じゅん子 編集・しのむ

関連記事

つたない喋り方にキュン!子どもの「言い間違い」を保存する3つの方法
子どもが小さい頃は、一生懸命話している様子がかわいいですよね。会話の中に、言葉の言い間違いがあったときは、キュンとした経験をお持ちのママがいらっしゃると思います。笑いを堪えずにいられないということもあ...
やっぱり可愛い♪ 癒される子どもの言い間違い
小さな子どもの舌足らずな言い間違い……思わず笑ってしまいますね。例えばブロッコリーがブッコロリー、モロッコリー、ボッコリーなどなど、一体どれだけバリエーションがあることやら。ママスタに寄せられた、...
おもしろ可愛くて癒される!子どもの言動あるある
育児は楽しいことばかりではありません。自分のことは後回しで、毎日子どものお世話に奮闘する乳児期。子どもと少し会話ができるようになったかと思えば、今度は自我の芽生えからくる壮絶なイヤイヤ期……次から次へ...
参考トピ (by ママスタジアム
うちの子だけだろうな、これをこう呼んでるの。みたいなのある?