いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「里帰り出産のためちょこくんと一時の別れ」 #うちの猫ちょこくんシリーズ



私は出産を控えたおよそ2か月前に、里帰り出産のため、新幹線で数時間の距離にある実家に帰省しました。出産・産後は実家でサポートを受けながら過ごしたいと、夫も私も妊娠直後から迷いなく決めていました。

初めての妊娠・出産・子育て。「赤ちゃんに会える!」という楽しみな気持ちもありますが、無事に産めるのか不安の方が大きかったです。

そんな心配症な私のマタニティライフを精神的に支えてくれていたのは、猫のちょこくんでした。

夫の帰りはいつも終電間際。お腹が張りやすかったので、基本的には自宅で安静に過ごすことが多く、ちょこくんと濃密な時間を過ごして、里帰りするときを待ちました(←今思えば人生で一番自由で、好きなときに寝られるボーナスタイムだったんだなとしみじみ……)。

里帰りする日が近づくにつれ、「ちょこくんと離れたくない」という気持ちが強くなります(←夫は?笑)。
毎日ちょこくんと気ままにゴロゴロしたり、ソファで一緒に寝たり……まるで自分も猫になったような生活でした。(よく寝ていたということです)

いざ里帰り当日の朝。
ちょこくんと離れるさみしさとこれからの3か月を想像して、私は不安マックスでした。
「これから私は赤ちゃんを産んで、子育てをする」
人生で初めての体験。まるで自分ではなくなるかのような気持ちでした。自分の前に立ちはだかる未知の壁をよじ登って先を見て、進まなければ、またちょこくんに会えない、そんな想像をしました。

もちろんお腹の赤ちゃんに早く会いたいという気持ちも強くありましたが。再びこの家に帰って、ちょこくんに会えるのは「陣痛に耐え、出産し、子育てをする」という人生の経験レベルで最も高いハードルを乗り越えてからなんだと、遠い目をしながら、マンションのベランダからの景色をなぜだか目に焼き付けました。
そして一時の別れ。

玄関まで見送るちょこくん。ボロボロ泣きながら部屋を出ました。
夫は隣で唖然としていましたが笑。

「よし! 私は3か月後赤ちゃんを抱いて、またこの家に帰ってくる! ちょこくんにまた会うんだ!!」
大げさかもしれなけど、開き直って、3か月後の自分を明るい未来を想像をして家をあとにしました。

・・・


ICカード乗車券を忘れ、ちょこくんと奇跡的な再会。
あの涙の別れはなんだったんだと自分につっこみながら、再び「ちょこくん~!」と涙を流しつつも、唖然と私を見守るちょこくんに「いってきます!」と言って出発したのです。

 

文・木村亜希 イラスト・んぎまむ

関連記事

「ちょこくんとの出会い」#うちの猫ちょこくんシリーズ
我が家には、13歳の♂の猫がいます。名前は「ちょこ」。 元々夫が飼っていたちょこくん、彼女だった私に威嚇(いかく)しまくりました。当時私が猫の扱いに慣れていないこともありましたが...
「ちょこくんとおなかの娘」#うちの猫ちょこくんシリーズ
我が家には、13歳の♂の猫がいます。名前は「ちょこ」。 結婚後ほどなく妊娠した私はひどいつわりに苦しんでいました。 毎日ベッドに横になる日々。かろうじて水分はとれたので入院は免れましたが、妊娠...
「ちょこくんと誕生した娘 初めての対面」 #うちの猫ちょこくんシリーズ
我が家には、13歳の♂の猫がいます。名前は「ちょこ」。 里帰り出産し、娘が生後2か月の頃、夫とちょこくんが待つ家に戻りました。 ちょこくんは宅配業者が来るだけでも身構えて威嚇し...