いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「ちょこくんとおなかの娘」#うちの猫ちょこくんシリーズ

我が家には、13歳の♂の猫がいます。名前は「ちょこ」。

結婚後ほどなく妊娠した私はひどいつわりに苦しんでいました。
毎日ベッドに横になる日々。かろうじて水分はとれたので入院は免れましたが、妊娠判明時から安定期に入る頃まで24時間船酔い状態のつわりは続きました。

ちょこくんは毎日毎日ベッドで横になる私を心配したのか、定期的に私の顔の近くに来てのぞき込んでくれました。

一人目の妊娠、全然食べられなくて心細い日々でしたが、ちょこくんがそばにいてくれて精神的にずいぶん助けられました。
臭いに反応して吐いてしまうのでちょこくんのおトイレの片づけとごはんはマスクを2重にして息をとめて頑張っていましたが……。

その後安定期に入りようやく体調が落ち着き、お腹が目立ってきたころちょこくんの行動に変化が。


私がソファに座ると、ちょこくんが横にきて、ときどき自分の尻尾を私の大きいお腹に向かって振ってくれるのです。

まるでお腹を撫でてくれているような気がしました。ちょこくんはお腹に赤ちゃんがいるって分かっていたんだなと
今でも思っています。

 

脚本・木村亜希 イラスト・んぎまむ

関連記事

「ちょこくんとの出会い」#うちの猫ちょこくんシリーズ
我が家には、13歳の♂の猫がいます。名前は「ちょこ」。 元々夫が飼っていたちょこくん、彼女だった私に威嚇(いかく)しまくりました。当時私が猫の扱いに慣れていないこともありましたが...
猫のピクニック弁当
スライスチーズで作った猫と、ハムとウインナーで作った桜の木をごはんにのせるだけで楽しくて華やかなお弁当が完成! スライスチーズを楊枝でくり抜くだけなので、お子様の好きなモチーフを日替わりで作れちゃいます☆ おかずの定番、エビフライは『ぶぶあられ』をつけると、かわいく鮮やかに仕上がります♪
いつか来るペットの死…ペットと暮らす全ての人に読んでほしい「虹の橋」
動物と暮らしていると、やがていつかやって来る大切なペットの死。私達人間より確実に早く歳をとってしまいます。そのことはわかっていて覚悟はしていたつもりでも…その日を迎えてしまうと辛く苦しいもの。...