いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

「ちょこくんとの出会い」#うちの猫ちょこくんシリーズ

我が家には、13歳の♂の猫がいます。名前は「ちょこ」。

元々夫が飼っていたちょこくん、彼女だった私に威嚇(いかく)しまくりました。当時私が猫の扱いに慣れていないこともありましたが、会うたびに威嚇されるとさすがに落ち込みます。どうしたらちょこくんと仲良くなれるのか、会うたびに真剣に悩んでいました。

それから結婚が決まり、新居に引っ越し。しかし夫は激務なので不在がちです。だんだんと私の方が、ちょこくんと過ごす時間が長くなっていきました。ちょこくんにごはんをあげて、トイレを片付けて、遊んでと、毎日のお世話をするようになったある日ちょこくんに変化が……。

私がソファでくつろいでいたら、いつの間にか横に座るようになりました! まるで「なでて~」と言っているみたいに。それからは「なでて~」が日課になりました。

そして結婚式当日。猫のちょこくんは会場に連れていけません。

でもその代わり、ウエディングケーキの一番上には特注のマルチパン(※)で作ってもらったちょこくんの姿がありました。

(※)砂糖とアーモンドを挽いて練りあわせた、餡のような食感のある洋菓子。


はじめはあんなに距離感に悩んでいたちょこくんと私だったのに、いつに間にか大切な私の家族になっていました。

私が妊娠し、子どもが生まれてからも、ちょこくんは一家の一員として、楽しい思い出をたくさん作ってくれています。

そのお話はまた別の機会に。

文・木村亜希 イラスト・んぎまむ

関連記事

猫のピクニック弁当
スライスチーズで作った猫と、ハムとウインナーで作った桜の木をごはんにのせるだけで楽しくて華やかなお弁当が完成! スライスチーズを楊枝でくり抜くだけなので、お子様の好きなモチーフを日替わりで作れちゃいます☆ おかずの定番、エビフライは『ぶぶあられ』をつけると、かわいく鮮やかに仕上がります♪
いつか来るペットの死…ペットと暮らす全ての人に読んでほしい「虹の橋」
動物と暮らしていると、やがていつかやって来る大切なペットの死。私達人間より確実に早く歳をとってしまいます。そのことはわかっていて覚悟はしていたつもりでも…その日を迎えてしまうと辛く苦しいもの。...
絵本『ねえだっこして』 ― 上の子の気持ちを代弁してくれた一冊
ある日、出かけるため下の子に抱っこ紐を付けていたら、突然2才の上の子が「ねえ、ボクもだっこして」と言い出しました。その時は「いつも下の子ばかり抱っこしていたから、甘えたいのかな」と軽い気持ちで「わ...