いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

毎日家族のために頑張っているヒーローへ。「父の日」のプレゼントにぴったりな書籍『ぜんりゃく パパへ』が6月14日(木)発売

sub1

2018年の父の日は6月17日の日曜日です。父の日に子どもと一緒に、パパに何かプレゼントすることを考えている方もいらっしゃるではないでしょうか。日頃はパパに感謝の気持ちを抱いていても、なかなか伝えられずにいるママも子どもと一緒なら気持ちを伝えやすくなるかもしれません。毎日家族のために頑張ってくれているわが家のヒーロー(パパ)に、日頃の感謝の気持ちを伝える日として父の日を候補にするのはいかがですか?

父の日にパパへのプレゼントや食事を計画

子どもと一緒に父の日にパパへプレゼントを渡したり、食事に出かけたりすることを考えているママもいらっしゃるようです。ここではママスタBBSに寄せられたママたちの実際の声をご紹介しますね。

『子どもからってことにしてお酒買ったよ』

『ケンタッキー買ってあげた』

『ゴルフウェアプレゼントして、普段作らないお弁当でも持たせる』

『子どもたちとお金を出しあって、ちょっと高めの革靴を用意した』

『子どもに父の日を教えて子どもから手紙かなんかプレゼントさせようかな』

『旦那には何もしないよ。だって旦那は旦那であって、私の父親ではないからね。子どもたちは旦那に何かするみたいだけど』

『父の日であって「旦那の日」じゃないし。もちろん母の日だってなにもしてもらってない』

子どもと一緒にプレゼントを渡すことを考えている方と、何もしないという方がいらっしゃいました。父の日の過ごし方は、子どもの年齢や母の日にパパがママに何をしてくれたかが関係しているのかもしれません。

ほっこり、うるうる!子どもからパパへのメッセージが詰まった書籍『ぜんりゃく パパへ』

2018年の父の日が間近にせまる中、株式会社講談社より子どもたちが書いた「パパへの手紙」や子どもたちが発した「パパへのメッセージ」をまとめた書籍『ぜんりゃく パパへ』が6月14日(木)に発売されます。InstagramやTwitterに投稿されたメッセージやコメントが中心に掲載されていて、笑えるものから泣けるものまで子どもたちのパパへの想いが綴られた1冊になっているのだとか。父の日のプレゼントにわが子からの手紙と、書籍『ぜんりゃく パパへ』をセットにして手渡すのも良いかもしれませんね。

main

■『ぜんりゃく パパへ』 ■発行所:講談社 ■価格:1,200円+税

日頃からパパに感謝の気持ちを伝えている方も、そうでない方も父の日にわが家のヒーロー(パパ)を労ってゆったりとした時間を過ごすのもいいですね。そして書籍『ぜんりゃく パパへ』のように、日頃の感謝の気持ちをサプライズで手紙やメッセージにしてそっと添えてみるのはいかがでしょうか。

文・Kana 編集・木村亜希

関連記事

育児を選ぶパパに喝!本物の「イクメン」の育て方とは #産後カルタ
子育てに積極的に取り組む旦那さんのことを日本の社会では「イクメン」と呼ぶことがありますね。長く日本の社会では「男性は仕事、女性は家庭」という役割分担が根付いていたので、子育てに積極的に関わる旦那さ...
肩車は何歳まで!?子どもとパパのふれあい事情とは
子どもたちが大好きな肩車。親に肩車されると、見晴らしよく、なんだか偉くなった気分にもなれてすごく嬉しかった……。そんな子どものころの気持ちを思い出します。ところで今はやってあげる側の肩車、パパは何...
旦那は夜泣きのとき、助けになる? ならない?
まわりからは「イクメン」ともてはやされている旦那さんですが、本音は「ちょっとやっただけで、手伝った気満々」と苦笑いしているママもいるかもしれません。今回はママになってからの最初の試練ともいえる...
参考トピ (by ママスタジアム
父の日旦那さんに何かプレゼントする?