いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<苦痛!義母の訪問>同じマンションに住む息子夫婦。ワンオペを助けたい【後編まんが:義母の気持ち】

前回からの続き。私が息子を出産したときは、夫は仕事ばかり、同居の姑に気を遣い、毎日が忙しく過ぎていきました。夫は仕事ばかりで家事育児は全て私の仕事でした。
だからこそ近くに住むお嫁さんの助けになりたい。自分の経験から強く思うのです。
義母サイド_001

義母サイド_002
嫁の言いたいことも分かるのですが、怪我をしてからでは遅いのです。
自分の息子が小さいとき椅子から落ちて額に傷が残るような怪我をさせてしまったことを悔やんでいます。
あのときは私も疲れが限界で、注意深く見ることがでてきていれば……。

義母サイド_003

義母サイド_004

義母サイド_005
息子からの思いがけない言葉に今までの子育ての苦労が少し報われたような、そんな気がしました。

息子からのお願いには正直驚きましたが、近くに住んでいるからと良かれとやっていたことが、息子家族の自立をジャマしていたのかもしれません。それからは向こうから呼ばれるまでは家に行くのは遠慮することにしました。

その後、孫と遊んでいたときのこと。

「ばあば、じぶんでできるよ! みてて」
言葉を覚え始めた孫が、拙い言葉で話します。

エリさんや孫のためと一生懸命になっていましたが、子育てをしていたときの自分の気持ちを忘れられなくて必要以上に息子家族を助けていたのかもしれません。

近くに住んでいるからこその、適度な距離感。
もしもヘルプをもらったときは助けられるように、一歩はなれたところで孫の成長をかみしめていきたいと思います。

原案・ママスタコミュニティ 作画・ちょもす 編集・木村亜希

【つぎ】の記事:産後は里帰りしたいけれど同居の兄嫁がいい顔をしない……悩んだママがとった行動は?

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<義母旦那のバグった距離感> 「疲れた」と里帰りする旦那 #ダメパパ図鑑87人目【第1話まんが】
うちには男の子が二人。年子です。夫婦で望んだ妊娠とはいえ、毎日子育てにヘトヘト。 休職期間、私は家事育児に専念していましたが、仕事復帰する頃には旦那と役割分担することに。すると旦那が不満を溜めるよう...
<苦痛!義母の訪問>同じマンションに住む義両親。過干渉と距離感に悩む【中編まんが:旦那の気持ち】
前回からの続き。娘(メイ)が生まれて、妻のエリも大変だろうと思って、実家と同じマンションを購入した。エリも助かるし、何より俺も年をとっていく親が近くに住んでいるのは何かと安心だ。 ...
同じマンションに住む義両親と会う頻度が多くて苦痛……過干渉と距離感に悩むママ
最近は、孫に会うために友人と自宅で遊んでいるときも平気で家にあがってくるようになりました。やはり会えば気を使うし、同じマンションとはいえ、私にとっては想定していた以上の頻度で会っており疲れています...