いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<育児と仕事の両立を阻まれ>保育園からの電話を無視した同僚。優しくできない……【第4話まんが】

前回からの続き。私は5才の息子(シンタ)を保育園に預けながら働いています。ある日、息子が保育園のジャングルジムから落ちてしまいました。保育園の先生は会社に何度も連絡をくれたのですが、新人のみゆちゃんは私に電話を取り次いでくれず……。私は思わず強い口調で攻めてしまいました。
今日は大事をとって保育園を休ませたので、私も会社を休みました。
4-1

昨日は言い過ぎたかな……とは思いましたが、素直に謝る気持ちにはなれませんでした。すると部長から電話がかかってきます。
4-2

4-3
私は深くため息をつきます。彼女の事情は分からなくもないけれど、やはり私は「緊急の電話」を取り次いでくれなかった彼女に対して、モヤモヤは収まりません。今回はたいしたことじゃなかったから良かったものの、そんなことは電話を取り次いでもらってはじめて内容が分かることなんだし、やっぱり緊急の電話はしっかりと取り次いでもらわないと……。
ユウコ:「明日、しっかり話し合おう……」
そう思いました。

【第5話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<育児と仕事の両立を阻まれ>「フォローし合う関係性」を大事にする職場【第5話まんが】
前回からの続き。私は5才の息子(シンタ)を保育園に預けながら働いています。ある日、「ジャングルジムから落ちてケガをした」という保育園からの電話が会社に何度も掛かってきたのですが、電話を受けた後輩のみゆ...
<育児と仕事の両立を阻まれ>保育園からの電話「わざと」取り次いでくれなかった同僚【第1話まんが】
私は片岡ユウコ。現在5才の息子(シンタ)を保育園に預けながら働いています。私と息子はハグをしてそれぞれの1日をスタートさせます。 私の大切な大切な息子。赤ちゃんの頃は別れ際にいつも大泣きをしてい...
<激怒する義母>「粉ミルク買うな」母乳信仰に追い詰められ。私に味方はいないの?【第1話まんが】
これは数年前の話です。地元の企業に就職し、そこで出会った夫と結婚しました。夫が長男ということもあり、将来義実家を継ぐことも見据え、義実家近くのアパートへ引っ越すことになりました。しかし義実家のある場所...