いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<激怒する義母>「粉ミルク買うな」母乳信仰に追い詰められ。私に味方はいないの?【第1話まんが】

これは数年前の話です。地元の企業に就職し、そこで出会った夫と結婚しました。夫が長男ということもあり、将来義実家を継ぐことも見据え、義実家近くのアパートへ引っ越すことになりました。しかし義実家のある場所は、ご近所づきあいがとにかく濃密で、ちょっとしたことがすぐに地域のおばさまのあいだで噂になってしまいます。私は今まで育ってきた環境とのギャップに神経をすり減らしながらも、日々淡々と生活していました。
1-1
数日後。顔を真っ赤にした義母がわが家に怒鳴り込んできました。

1-2 (2)
義母が帰った後、私はあまりのショックに呆然としてしまいました。

1-3 (2)
出産前に粉ミルクを買っただけでこの騒ぎなのだから、子どもが生まれたらどんな非常識な過干渉が待っているかわかりません。こんな環境で子育てできるのでしょうか……。

【第2話】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

りますけの記事一覧ページ

関連記事

<激怒する義母>「粉ミルク買うな」母乳信仰に追い詰められ。夫に相談したが……【第2話まんが】
前回からの続き。これは数年前の話です。夫が長男ということもあり、将来義実家を継ぐことを見据え、義実家近くのアパートへ引っ越しした私たち夫婦。第一子を妊娠すると義母をはじめご近所さんから「母乳で育てるの...
<嫁姑問題>私はいい姑……のはずなのに。嫁が突然会ってくれなくなった【前編まんが:姑の気持ち】
私は結婚後、2人の息子を授かりました。男の子育児は毎日がドタバタで運動会のようで、息子は何よりも代え難く愛おしい存在です。ただ自分が実母と仲が良かったのもあり、娘がいたら将来一緒に買い物に行ったりでき...
<嫌いな義両親の介護>親を亡くした私に「介護を頼めるから良かった」無神経すぎ……【第1話まんが】
私は25歳のときに、5つ年上の男性と結婚しました。当時、私の父はすでに亡くなっていて、母は闘病中。できれば母が生きているうちに結婚して、安心させてあげたいという思いがありました。実際、結婚式に出席した...