いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【中編】「仕事を辞めて義母に付き添ってくれ」義父が倒れて意識不明の事態。夫が私に言った驚きの言葉

前回からの続き。突然の義父の入院で1人取り残された義母を世話しろと言ってきた夫。
義母がひとりぼっちにして昼間になにかあったら、と夫は心配しているようです。義実家には夫の兄がいます。けれどもお義兄さんは仕事で昼間義母を見られないので、義兄と相談をして、私が仕事を休み面倒をみるという結論になったとのこと。
「お前が仕事を辞めて義母に付き添ってくれ」

「お前が仕事を辞めて義母に付き添ってくれ」
(義母もかわいそうだし、力にはなりたいけれど、仕事を休むとか同居はできない。せめて私がちょくちょく昼間に義実家へ様子を見に行ったり、夫がしばらく夜に義実家に帰る程度ならわかるけれど)
次の日、夫は私と話さぬまま義母のもとへ向かいました。
私は「勝手に義母を連れてきたらどうしよう」とハラハラして待っていましたが……帰ってきた夫は――!?

「お前が仕事を辞めて義母に付き添ってくれ」
夫はなんだかさっぱりした顔で「同居の話はなくなったから」というのです。
私(良かった、私の気持ちも汲んでくれたんだ)
夫「そのかわり……」
その後に続く言葉にさらなる衝撃が……!?

後編へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・Ponko 編集・秋澄乃

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

Ponkoさんの記事一覧

関連記事

【前編】「仕事を辞めて義母に付き添ってくれ」義父が倒れて意識不明の事態。夫が私に言った驚きの言葉
私たち家族は数年前にマンションを買って、家族5人(夫婦と子ども3人)でとくにトラブルもなく、普通の幸せな日常を送っていました。けれど1本の連絡が私たちの日常を思いもよらぬ方向に変えてしまったのです。 ...
【前編】お金を手に入れて変わってしまった夫「あんなに幸せだったのに…」悩みながらも離婚を決めた日
私たち夫婦は結婚当初、決して裕福とはいえない生活でした。私は体調を崩して仕事を辞めてしまい、夫の稼ぎはあまりよくなかったのです。 でも2人でいるだけで幸せで「お金がなくて不幸」なんて思いませんでした...
まんが【前編】幼い頃に両親が離婚。記憶に残ってない父……大人になった今、会いたいと思うのは迷惑?
私は母子家庭で育ちました。両親は私が2歳のときに別れたので、父の記憶はありません。しかし結婚して息子が産まれ、自分が親になってみると「お父さんってどんな人なんだろう?」という気持ちが芽生えはじめました...