いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】「家族3人、新型コロナウイルス陽性者になりました」―周りに言えないことへの不安―

娘が新型コロナウイルスに感染し、次に夫、私へと家庭内感染してしまいました娘と2人きりの自宅での隔離生活の不安、味覚障害と次々と日常が奪われる中で、「周囲の人に感染したことがバレたら……」と、周りの反応が怖くなってきました。 ある日、ママ友から「明日遊ばない?」というLINEが来ました。もちろん自主隔離中で外になんて出られないので 「明日は用事があるの。ごめんね」 と返事をしました。 誰にも感染させないように外に出たり人と会ったりするわけにはいきません。でも現在の状況を伝えるわけにもいきませんでした……。
コロナ陽性者になりました3-1

冬休みに感染し、その後自宅での隔離生活を徹底していたので、私たち一家が新型コロナウイルスに感染したことを知る人は近所にはいませんでした。しかし「娘の自宅療養期間」は冬休みを超えてしまうので、新学期から学校をお休みしなくてはいけません。学校には娘の陽性が出てすぐに連絡し、幸い冬休みで濃厚接触者が誰もいなかったこともあり、学校側の判断で新学期すぐに登校できない理由も公にしないでもらえました。 でももし周囲から休むことを不審に思われたらどうしよう……と不安でした。
コロナ陽性者になりました3-2
幸い娘が新学期も休んだことを不審に思う人はいなく、誰にも知られることはありませんでした。けれど自宅での隔離生活を乗り越えて日常を取り戻した今でも、もし周りの人に知られたら……と思うと不安です。

コロナ陽性者になりました3-3
気を付けていても、いつどこで新型コロナウイルスに感染するのかわかりません。もう誰が感染してもおかしくない状況なのだと思います。 私たちは感染対策を頑張っていても感染しました。それでもこれからも感染対策を続けていこうと思います。

※この漫画は体験者本人のご取材の元作成しています。

文・編集部

関連記事

【前編】「家族3人、新型コロナウイルス陽性者になりました」―家庭内感染は意外なところに原因が―
わが家は小学校の娘と私たち夫婦の3人家族です。冬休みに入ってすぐのある夜、娘が突然の高熱を出しました。 翌朝、娘の状態は少し落ち着きましたが発熱が続いていたので、かかりつけ医と相談してPCR検査...
早めに備えたい!感染症内科医に聞く新型コロナウイルスありきの日常生活における感染症対策
2020年は新型コロナウイルスの影響を受けた生活となりました。新型コロナウイルスの影響がまだまだあるなかで、インフルエンザなどの感染症が流行する寒い季節を迎えます。家族の健康を守るために、家庭...
「あっ触られる…?」感染症流行の季節、子どもに触ろうとしてくる人に対してママはどう対応すべき?
寒さが厳しくなってきた頃、息子の予防接種の為に小児科に連れて行きました。インフルエンザなど感染症が流行ってきているため、人が少なそうな時間を狙って行きました。小児科に着くと、待合室に座っているのは中年...