いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】サンタさんは枕元にキャンディーをひとつ置いてくれる【エピソード3】

もうすぐクリスマスですね。街を歩けば流れてくるクリスマスソングに、サンタクロースを心待ちにする子どもたちの笑顔。たくさんの幸せな気持ちを運んでくれる「クリスマス」ですが、ママスタコミュニティのママたちから、思わず心が震えてしまうエピソードが届きましたよ! 3本立てでお届けします。


わが家はとても貧乏でした。父親は金遣いも荒く、仕事もほとんどしないでお酒やギャンブルばかり……。
【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】
クリスマスだってお祝いモードなんてありません。保育園に通っていたときに友達からはじめて「クリスマスの朝に、サンタクロースからプレゼントが届く」ということを教えてもらいました。
【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】

クリスマス当日、朝起きてみると……。枕元に1つのキャンディーが置いてあったのです。
【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】

あの日、クリスマスの日に食べたキャンディーの味は一生忘れないでしょう。それから毎年、クリスマスには枕元に小さなお菓子が1つ置いてありました。貧乏なわが家ではお菓子なんてめったに食べることができないため、本当に嬉しかったです。

そんなある年のクリスマス「今年こそはサンタクロースにお礼を言おう!」と決めていました。当日の夜、寝たふりをしていると……

隣に寝ていた姉が起き上がり、ゴソゴソと何かを探しながら私の枕元にお菓子を置いてくれたのです。
【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】
姉は毎年この時期になると、どこかで貰ったお菓子を取っておいてくれ、私のクリスマスプレゼントにしてくれていたのでした。

「サンタさんはお姉ちゃんだったんだ……」

布団を被りながら涙がこぼれてきました。私のサンタクロースはお姉ちゃんだった……。その後、私が小学校を卒業する年にお菓子のプレゼントは終わりました。 ケーキもご馳走もなかったけれど、姉の優しさが詰まったクリスマスを私は一生忘れません。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・ごぼふく 編集・木村亜希

ごぼふくの記事一覧ページ

関連記事

【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】亡きおじいちゃんからのプレゼントに涙【エピソード1】
もうすぐクリスマスですね。街を歩けば流れてくるクリスマスソングに、サンタクロースを心待ちにする子どもたちの笑顔。たくさんの幸せな気持ちを運んでくれる「クリスマス」ですが、ママスタコミュニティのママたち...
【涙なしでは読めないクリスマスの想い出】母子家庭で貧しい。そんなわが家にもクリスマスが……【エピソード2】
もうすぐクリスマスですね。街を歩けば流れてくるクリスマスソングに、サンタクロースを心待ちにする子どもたちの笑顔。たくさんの幸せな気持ちを運んでくれる「クリスマス」ですが、ママスタコミュニティのママたち...
【前編】息子小4。旦那が「サンタクロースから卒業させる」という。一体どういうこと…?
息子は現在小学4年生です。去年までこの時期になると「サンタさんに何頼もう?」とか「手紙書かなくちゃ!」とか、ドキドキそわそわのハイテンションで過ごしていました。今年もそろそろかな……と思っていましたが...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
幼い頃貰ったクリスマスプレゼント