いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【前編】息子小4。旦那が「サンタクロースから卒業させる」という。一体どういうこと…?

息子は現在小学4年生です。去年までこの時期になると「サンタさんに何頼もう?」とか「手紙書かなくちゃ!」とか、ドキドキそわそわのハイテンションで過ごしていました。今年もそろそろかな……と思っていましたが……?
新聞の折り込み広告に入ってくるおもちゃ屋のチラシを眺めている息子。「どれにしようかなー?」「これも面白そうだなー」とプレゼントを選んでいる模様。
【前編】息子小4。旦那が「サンタクロースから卒業させる」という。
息子がサンタさんをすっ飛ばし、突然旦那へ直接プレゼントをリクエストしていて私たち夫婦はびっくり。
サンタクロースの「サ」の字も出ない今年は、どうやらサンタの存在を信じていないようです。

【前編】息子小4。旦那が「サンタクロースから卒業させる」という。

【前編】息子小4。旦那が「サンタクロースから卒業させる」という。
サンタさんを信じていない様子の息子に「サンタクロースからの卒業」をさせるという旦那。
私は旦那の案に乗ることにしました。

後編へ続く。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・よしはな

よしはなの記事一覧ページ

関連記事

【後編】息子小4。旦那が「サンタクロースから卒業させる」という。一体どういうこと…?
「サンタクロースからの卒業」と言った旦那。いったいどうやって卒業させるのでしょうか……? こうしてわが家はサンタクロースの任務を終了しました。自分が子どもの頃は、ただただその存在...
【前編】ドキッ!「サンタクロースはお父さんとお母さんでしょ?」息子の夢を壊してしまったクリスマス
小学校5年生の長男は、去年あたりからサンタクロースの存在が実は親であるということを気づきはじめたようです。 そろそろ、長男もサンタクロース卒業か……。成長したんだな~……そんなことをしん...
【第1話:学校に行きたがらない息子】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡
息子、拓也は保育園になかなか行きたがらず、毎朝大泣きして登園していました。今思えばそれがすべての始まりでした。それから私たち家族の長い葛藤が始まることになるのです。 小学生になってからもスムーズ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
サンタから卒業の手紙
サンタ信じてないっぽい子供へのプレゼント