いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【後編】小学生の子どもが幼児向けの玩具をサンタさんへリクエスト。ママの本音は「違うものにして」なんだけど……

222_子ども_春野さくら

子どもからリクエストされたサンタクロースへのプレゼントが「すぐに飽きそう」と予想されるモノだった投稿者のママ。どうするべきか、悩みをママスタコミュニティに投稿してくれました。コメントを寄せてくれたママたちからは「他のものに促す」派と「そのまま希望通りのものをあげる」派のママたちで意見が分かれました。

どちらの気持ちも納得のこの投稿、果たしてママたちが考える「サンタクロースのプレゼント」とは……?

「サンタのプレゼント」はサンタ任せ?それとも希望制?

そもそも他のご家庭では「サンタクロースのプレゼント」は、どうやって決めているのでしょうか。

『うちはサンタはお願い制じゃないから私が勝手に決めている』

当日までのお楽しみ! という制度をとるご家庭も多いのかもしれませんね。「サンタさんが選んでくれた」というスペシャルなワクワク感もプレゼントに含まれます。

『うちは希望制。長い人生のうちの何年間だけだから喜ぶ顔が見たい』

このトピックで圧倒的に多かったのが「子どもからのリクエスト」を受けるというご家庭です。人気の玩具の場合、プレゼント探しに奔走する親御さんの姿が目に浮かびますね。

『サンタでも無理なものがあるから何個か書いときな! って言ってる』

あらかじめ予防線を張って、数個リクエストをあげさせた中から、親が選ぶという方法をとっているご家庭もありましたよ! 必ず欲しいものが貰えるという点では理にかなっているかもしれません。

どうせすぐ飽きるのに……?「買う」「買わない」のジャッジはどこに?

『確かにすぐ飽きるだろうけど、欲しいものが揺るがないでずっとそれなら買ってあげるかな。聞くたびにコロコロ欲しいものが変わるなら買わない』

『我が家なら気持ちが違う方へ向くように一応促すかも。お金持ちなら気にしなくて良いんだろうけどさ(笑)。それでもその玩具がいい! 絶対それがいい! って言うなら、希望取りにプレゼントする』

「絶対にすぐに飽きる!」とわかっていても、最終的にその玩具をあげるかあげないかのジャッジは、子どものその物へ対しての執着度なのだそう。キラキラしたおもちゃに溢れかえるクリスマス商戦のなかで、「コレ」と決めた玩具が揺るがないのであれば、「あげる」。欲しいものがコロコロ変わるようであれば「あげない」。ママたちのジャッジの境目は、子どものプレゼントに対する熱量なのですね。

そして、たくさんのクリスマスを経験したママたちから、投稿者のママへアドバイスが届きます。

『まだ信じてサンタさんに頼んでるんでしょ? 親がサンタさんをやらせてもらってるんだから、願いを叶えてあげるべきじゃない? 子どもの欲しい物に文句が出はじめたら、サンタのふり止めた方がいいと思うよ』

『どうせいつかはバレるんだから、欲しいものをあげて夢を見せてあげてほしいな』

『投稿者さんの気持ちはよーーくわかる。本当にわかるけれど、まだサンタを信じているうちに欲しいもの買ってあげたら? そんな純粋な気持ちがあるのも今だけだよ、今しか味わえない楽しみなんだから』

子どもが「サンタクロース」を信じている期間は、とっても短いのだそう。サンタクロースからのプレゼントを用意するのは大変かもしれませんが、それも期間限定のことなのです。いつか成長していく子どもたちの、力いっぱいの喜んだ笑顔が見られる幸せな朝こそが、ママたちにとっても素敵な「想い出」という名のクリスマスプレゼントになります。

たくさんのコメントを受け、投稿者のママは最後にこう締めくくります。

『子どもの気持ちがずっと揺らいでいないわけではないんだよね。前は野球のバットって言ってたんだけど、買ったばっかりだからもっと身長が伸びてからにしようって言った。それじゃ玩具がいい……みたいな感じかな。サンタさんは何でも作れるから大丈夫と言ってる……(笑)。でも候補を挙げさせることにします!』

実は欲しいものがコロコロ変わって、気持ちの揺らぎがあったという投稿者のママの息子さん。ママスタコミュニティのコメントを参考にしながら投稿者のママはいくつかプレゼントの候補を挙げさせて、その中から選ぶことに決めたのだそう。それもまたひとつの答えですよね。

サンタクロースと子どもの間に入って調整役をしなくてはいけないママたちは、12月25日の朝が来るまで気が抜けませんね。子どものリクエストに応えて頑張って準備するのも、ママたちがサンタクロースになりきって子どもに合ったプレゼントを選ぶのも、どれも正解です。遠い遠い寒い国からやってきた「サンタクロース」からのプレゼントが、家族全員を笑顔にしてくれることを心から願っています。

たくさんの方々に幸せなクリスマスが訪れますように。メリークリスマス!

文・渡辺多絵 編集・しらたまよ イラスト・春野さくら

渡辺多絵の記事一覧ページ

関連記事

「パパと離婚して」!?思わず二度見した子どもからのプレゼントのリクエスト
クリスマスが近くなると、「欲しいモノ」を探して子どもたちもソワソワしはじめますね。親としてはできるだけその願いを叶えてあげたいと思いつつも、「え? それでいいの?」と思わず二度見してしまいそう...
【前編】夢がやぶれても「ヘラヘラ」笑っている子どもに、いら立つのはいけませんか……?
子どもの夢や目標を応援することができるのも、親としての醍醐味ではないでしょうか。しかしそれはときとして、親子のバランスを崩してしまうことも……。 『息子(中2)野球部です。市内で1番強い少年...
連載記事をイッキ読みしたい! に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
小2の息子がサンタさんに鬼滅の刃の刀をもらうって言ってる。小2なら買うべき?いらない?