いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「パパと離婚して」!?思わず二度見した子どもからのプレゼントのリクエスト

014_ 笑えるネタ_いちと

クリスマスが近くなると、「欲しいモノ」を探して子どもたちもソワソワしはじめますね。親としてはできるだけその願いを叶えてあげたいと思いつつも、「え? それでいいの?」と思わず二度見してしまいそうなリクエストをされることもあります。ママスタコミュニティに寄せられた、思わず笑ってしまいそうな子どもたちのプレゼントのリクエストに、ほっこり温かい気持ちになれますよ。

まだまだ花より団子?食いしん坊な可愛いリクエスト

『アツアツの唐揚げ山盛り。長男が小1のとき。家で揚げるとバレるかと思って夜中の3時くらいから近くに住む義父母の家で揚げて運んだ』

「サンタクロース」というよりも、気分は宅配デリバリーです。

『メロン。ちなみにここ数年の誕生日もメロン。どれだけメロン好きなんだと思ってたら、七夕の願いに「メロンになりたいです」って書かれてた』

メロンにメロメロ……なんちゃって! (すみません……)。

『午後ティー。3歳の頃。何度聞いても希望は変わらないからあげた』

午後の紅茶で、ちょっぴりだけ大人への階段を登ります。

『干し柿と干し芋』

来年は干物でお願いします。

『幼稚園の頃に言われたのは、チータラとするめ』

『4歳の次男に高級なスルメイカ欲しいって言われた』

『息子が小3のときに鮭とスルメイカをたくさんってリクエストされた』

乾きもの率高し……。

え?それ?ママの斜め上をいくリクエスト

『去年は100均の駒。今年は100均の置物』

『100均にある変装グッズの髭が欲しいってリクエストだった。欲しくて欲しくてたまらないんだ! って言われたよ』

子どもたちの人気ブランド「100均」。

『クリスマスのリースって4歳の娘がサンタにお願いした』

当日しか飾れません……。

『体育の授業とかで使う、先生が吹いてる笛が欲しいって。でも「フエ」を「フキ」って間違えて覚えてて「フキが欲しい」「フキが欲しい」って言ってた。「野菜のフキ?」って謎だらけだったら上の子が「笛だよ」って教えてくれた』

そのままフキをプレゼントしなくて良かったです。

『娘が2歳のときに赤ちゃんをリクエストされた。「パパに相談しようね」って言ったら「パパじゃなくてサンタさんにお願いするんだよ!」って叱られた』

突然のリクエストに、親も思わず本音がこぼれます。

『ポケモンの絵が書いてあるキャリーバッグ。「嫌なことがあったときに、家から少し離れた回転寿司を食べに行くのに必要だから欲しい」って幼稚園のときに言われた』

寿司屋に持って行くキャリーバッグの中身が気になります……(笑)。

嬉しさと切なさも入り混じった、想い出のリクエスト

『キレイな体操着って言われたことがある(笑)。お下がりでいいやーなんて気軽な気持ちでお下がりを着せてた』

クリスマスまで我慢していた気持ちに拍手ですね!

『車。お母さんにプレゼントしたいって言われて、嬉しいけど困った(笑)』

嬉しいけれど……プレゼントできないもどかしさがここに。

『5歳息子は「お友達」だった。心配で眠れなくなったよ……』

これからたくさんできるから大丈夫!

『早く走れる足。運動が苦手な我が子が頼んだことがある。さすがに無理だわ』

履いたら早く走れるという触れ込みのスニーカーをプレゼントしてあげてもいいかも。

『「ママとりこんして下さい。わたしが、パパとけっこんします」ってあった……娘が、小1のころ』

娘さんが結婚するときに思い出して、パパ号泣ですね。

『お父さんの髪の毛をお願いしてたことがあったな。(幼児期にね)』

子どもに気を遣われるお父さんの毛量事情……。

『ひいおばあさんに歯をつけて……ってのがあった』

ひいおばあさん、これからもどうか長生きを!

子どもなりに一生懸命考えた末のプレゼントの可愛らしさに、寒さも吹き飛んでしまいますね。あまり高いものをリクエストされても困るけれど、「本当にこれでいいの?」と思うものをリクエストされたときも困ってしまうそうですよ(笑)。

しかし親にとっては、その「想い出」がなによりのプレゼントになるのかもしれません。

文・渡辺多絵 編集・しらたまよ イラスト・いちと

渡辺多絵の記事一覧ページ

関連記事

【前編】共働きだから育児は完全分担、そのせいで飲み会に行けない旦那。出世しないのは「家庭が悪い」と言われて……?
会社が終わったあとに上司、同僚などと飲み会が行われることもあるでしょう。とくに小さな子どもを育てるママからすれば「飲み会なんて行ってないで早く帰ってきて……!」と思いますよね。ましてや共働きの...
思わずドキリ!?ママたちが「育ちが悪い」と思う人の特徴とは……
ママになって子どもをしつける立場になったら、「食事中はくちゃくちゃ音を立てない!」とか「お箸は正しく持つ!」とか「挨拶はしっかりとしなさい!」など、子どもに注意する機会が出てきますね。子どもたちが...
【前編】夢がやぶれても「ヘラヘラ」笑っている子どもに、いら立つのはいけませんか……?
子どもの夢や目標を応援することができるのも、親としての醍醐味ではないでしょうか。しかしそれはときとして、親子のバランスを崩してしまうことも……。 『息子(中2)野球部です。市内で1番強い少年...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
子供がリクエストした面白いプレゼントってある?