いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

<私の結婚観>「このまま結婚できない?」30代独身、子持ちの女性をどう見ていた?【後編】まんが

前回からの続き。独身を謳歌していたら、気が付けば35歳になっていました。思い返せば30代に突入してから、一度も彼氏ができたことがありません。
でも、仕事が面白くて昇進したりもして、独身の女友達と遊ぶのが楽しくて、毎日をせわしなく過ごしてきました。
後01 (2)
今は独身だけれど、結婚しようと思えばいつでも結婚できる、子どももいつだって産めると思っていたのですが、それがもしかしたら叶わないかも……と突然、思い始めました。

後02 (2)
アラフォーと呼ばれる年齢になって初めて、私は子どもがいる人が羨ましく思いました。
それも、切実に。身も心が張り裂けそうなくらい、深く、激しく。
遅いよ! という声が聞こえてきそうですが、まさにおっしゃる通りです…… それから私は仕事の傍ら、必死に婚活をしました。
断ったり断られたりを繰り返し、メンタルがぼろぼろになりながらも、何とか結婚することができました。そして、39歳で第一子を出産することができました。

後03 (2)
生涯独身を通す、若くして出産する、高齢出産をする、結婚していてもあえて産まない選択をする……いろいろな人がいます。
生きていると時々、自分と違う人生を歩いている人がたまらなく羨ましくなったり、逆に大変そうだな、私には無理だな、などと思ってしまったりするけれど、みんなそれぞれに苦労があり、それぞれの楽しさや幸せがあるのだと思います。
みんな違って、みんないい――そんな言葉が心に浮かびました。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・イチエ 編集・秋澄乃

【つぎ】の記事:まんが【前編】婚活中の友人「誰か紹介して」キャリアと結婚と出産 本当の理想はどこに? 揺れる心

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

関連記事

<産まない選択>「子どもは作らない」産むことが正しい世の中が生きづらい……【前編】
「少子化」 ――今は、1人の女性が生涯に産む子どもの数が年々減少傾向にあるそうです。 学生時代からの友人たちは、結婚をして子どもを授かっている子たちがほとんど。中には妊活中という子もいて、友人同士...
<私の結婚観>「このまま結婚できない?」30代独身、子持ちの女性をどう見ていた?【前編】まんが
※このお話はあくまでも「個人の体験談」です。結婚や出産を勧める意図はありません。 私は現在42歳。3歳と1歳の子どもを持つママです。 結婚したのは30代後半、初産は39歳でした。 晩婚、晩産とい...
【前編】「産まない」のは女としておかしい?子どものいない人生は不幸なのか……
その子は大企業の正社員。お給料もすごくいいみたいで、いつもブランドの服やバッグを身に付けています。都心の一等地のマンションに住み、夕食は外食が多いみたいで、SNSを見ると、おしゃれなダイニング...