いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもと寝落ち。旦那さんにできたての晩ご飯を出せない!何かいい方法ある?

pixta_47999581_M

ママスタコミュニティに「寝落ち」に関するこんなお悩みが寄せられました。

『4歳と5歳の子どもと一緒によく寝落ちをしてしまいます……。基本的には家事を終えて旦那のご飯を用意してから子どもの寝かしつけに入るのですが、作り立てが美味しいご飯もありますし旦那が帰宅してから料理を完成させることもあります。料理を完成させずに寝落ちしてしまった場合、旦那は自分で代わりの食事を用意して食べてくれるのですが、そのたびに不機嫌に。旦那としては「寝てもいいんだけれど、ご飯は用意してほしい」とのことです。もちろん寝てしまう私が悪いのですが「怒るくらいなら旦那も起こしてくれたらいいのに」とも思います。寝落ち防止のための何かいい案はありますか?』

今日は絶対に寝落ちしない!努力の甲斐も空しく……

「今日は絶対に寝落ちしないぞ!」と意気込んでいたはずなのに、気が付いたら「日付が変わっていた!」などという経験はきっと子どもをもつ親なら誰もが体験したことがあるはず。睡魔に抗うことは難しく、寒い時期になると余計に布団が気持ちよくて抜け出したくなくなってしまいますよね。いっぽうできたての晩ご飯を旦那さんに食べさせてあげたいとも考えている投稿者さん。
例えばパスタが晩ご飯だった場合、ソースはあらかじめ作っておき、旦那さんが帰宅をしてからパスタを茹でて仕上げるそう。前もって茹でておいた麺を電子レンジでチンしてもよさそうですが、きっと「美味しい状態で食べてほしい」と願う妻としての愛情なのでしょうね。しかし寝落ちしてしまっては元も子もありません。やさしい投稿者さんに集まったアドバイスとは?

アラームをセットしておく

『スマホのアラームを音量小さめにしてバイブレーション設定をして頭の横に置いておこう』

『うちは子どもが寝かしつけから30分以内に寝るから、30分でスマホのタイマーが作動するようにセットしているよ』

目覚まし時計とは違い音色も音量も選べるスマホのアラーム。子どもが音に敏感な場合、バイブレーション機能を活用してもいいかもしれません。

帰宅をした旦那さんに起こしてもらう

『「おかえりなさい。お疲れさまでした。子どもたちと一緒に寝ちゃっていたら起こしてね!」とメモを置いておけば?』

帰ってきた旦那さんに起こしてもらう作戦です。ある意味最強の目覚ましとも思えるのですが、投稿者さんも旦那さんにお願いしたことがあるようで

『「寝ていたら起こして」と旦那にお願いしたこともあるのですが「お前、起こしても起きないからやだ」と言われたことがあります(笑)。起きるまで起こしてくれよー』

とのこと。これには旦那さんに同情する声も……。

『旦那さんの気持ちもわかるよ。起こしてもなかなか起きない人を起こすのはストレス半端ないよ。うちも旦那からいつも「起こして!」と言われるけど全然起きなくてさ。だから起こすのやめた(笑)』

起こしても起きないほどお疲れなのかもしれませんね。

いっそのこと旦那さんに料理の仕上げをしてもらう

『料理の仕上げは旦那さんにしてもらおうよ』

『料理の仕上げ方をメモしておいて全部旦那さんにやってもらおう』

これなら寝落ちをしてしまっても、旦那さんはできたての食事を食べられそうです。しかし仕上げの手順が多ければ面倒にも感じてしまい、余計に疲れてしまうかもしれませんね。

旦那さんは“できたてご飯”を望んでる?

1日仕事をしてクタクタな状態で帰宅するであろう旦那さん。きっとすぐにでも晩ご飯を食べておなかを満たしたいはずです。ママたちからはこんな声も寄せられました。

『旦那さんは「できたてご飯<チンしてすぐにご飯」のほうがありがたいかもよ? そりゃあできたてのほうが美味しいだろうし、投稿者さんの優しさではあるけれど疲れて寝てしまうのは想定内なんだから、料理は仕上げるまでしておくしかないと思うよ』

確かにその通りかもしれません。旦那さん自身ができたての晩ご飯を望んでいるわけではなく「できたてのご飯」は、いわば投稿者さんのやさしさなのです。実際、電子レンジで温めるだけの状態の晩ご飯に旦那さんは怒ることもなく、自身で温めて食べてくれるそう。

今は“電子レンジで温めて完成”としてしまおう

ママが寝落ちしてしまうというのも、子どもがまだ幼いゆえの出来事。「寝かしつけが必要な時期は電子レンジで温めて完成とすればいいじゃない」というアドバイスも。

『できたての提供をあきらめてレンジでチンしてもらおう。だって寝かしつけの時期はあと数年だからね。寝かしつけがなければ寝落ちすることもないしね』

『寝かしつけなんてたかだかあと数年だよ? 就寝時間までに家事を全て終わらせておいて投稿者さんは子どもたちと一緒に就寝。で、旦那さんの晩ご飯はレンジでチン!』

“寝かしつけ”ではなく、いっそのことママも“子どもと就寝”してしまうアイデアも寄せられましたよ。投稿者さんもこれからは「できたてにこだわるのはやめます!」とのこと。寝落ちしてしまってはいけない……という考えそのものを変えることによって、ママの心の負担が和らぐかもしれませんね。

家族の食事作りはこれからもずっと続きますが、子育てには終わりがやってきます。子育てに忙しい時期だけでも電子レンジに頼ってしまうのもアリかもしれませんよ。

文・吉岡可奈 編集・一ノ瀬奈津

吉岡可奈の記事一覧ページ

関連記事

【前編】旦那のお弁当に冷凍食品を入れたら義母から「冷凍食品は使わないで」と言われた……
毎日のお弁当作りを任されているママにとって、お弁当のおかずを考えるのは、ひと仕事ですよね。冷凍食品を使うこともあると思いますが、あるママは義母からこんなことを言われてしまったそうです。ママスタコミ...
子どもの寝かしつけでまた、やってしまった……今日も寝落ちと格闘する私
子どもが寝た後は、待ってました! のママの自由時間。録画していたドラマを見たり、好きなお菓子を食べたり(太るけど……)、のんびり本を読んだり……まだ未就園児がいる私にとって、この夜の時間がなによりの楽...
なかなか寝ない子どもの寝かしつけ「即興の物語」を作るのが楽しい!
  文、イラスト・三津キヨ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
子供と寝落ちしてしまう人!