いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもの寝かしつけでまた、やってしまった……今日も寝落ちと格闘する私

子どもが寝た後は、待ってました! のママの自由時間。録画していたドラマを見たり、好きなお菓子を食べたり(太るけど……)、のんびり本を読んだり……まだ未就園児がいる私にとって、この夜の時間がなによりの楽しみです。

しかし、現実はというと……

明日までに洗っておかないといけない洗濯物も洗濯機に……お弁当用のお米も研がなくちゃ……あぁ、連絡帳も書いてない……なんて、まだまだやらないといけないことは盛りだくさん。寝ぼけナマコの目をこすり起き上がります。この一度寝落ちしてしまった後の家事ほど、気だるいものはないな……なんて思いながら、やらなくちゃいけないことを淡々とこなします。

一通りの家事を終え、時計を見るとAM1時……明日は6時起きだから、そろそろ寝ないとな……今日もドラマ見られなかったな……こうやって、見たいテレビ番組がどんどん溜まっていくのよね……(苦笑)。

そうして布団に入っても、今度は一度寝てしまったが故になかなか寝付けず(涙)。スマホでネットサーフィンをした後は、懸命に目をつむって布団の中で無駄な時間を過ごしてみたり……。あ~こうして今日も私の睡眠時間はどんどん削られていく。いっその事、子どもと一緒に寝て朝方に切り替えた方が良いのかな? でも、明け方子どもが起きてきて、愚図られたらそれこそ何もできないままで終わりそうだしな……。

そして再び、鉛のように重たくなった身体を起こし、片づけなくてはいけない家事に取り掛かる私。

全国の寝落ちしてしまうママさんたち、どうか子どもが寝かしつけを必要としなくなるその日まで、夜中の家事、頑張りましょうね。

脚本・渡辺多絵 イラスト・ちょもす

関連記事

きっかけは「好きな人は誰?」の会話。5歳のわが子は「ママから愛されていない」と思っていた!
幼稚園も年中になると「好きな人」の話は女の子の定番のようです。娘から初めて「好きな人の話」を聞いた時は「へぇ、もうそんな話をするんだ」と驚きましたが、成長も感じて嬉しくもありました。 会話を聴い...
なかなか寝ない子どもの寝かしつけ「即興の物語」を作るのが楽しい!
  文、イラスト・三津キヨ...
産後の思いがけない一人時間に興奮!二人目産後ハイが生んだ大失敗
子どもは二人欲しいなと思っていた私。 二人目の妊娠がわかり、出産する病院を選ぶ際に私が考慮したのは一人目(長女)のことでした。 当時、夫の長期出張が多く、双方の両親も遠方と頼れる人がほぼいない...