いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

【第5話】知ってしまった両親の真実……。信じてきた家族が一瞬にして壊れた瞬間

【第4話】からのつづき

大好きだった家族は、不倫のすえに創られたものだった。大好きだったお母さんは、お父さんと不倫をして一緒になった。家庭を捨てて……本当のお父さんやお姉ちゃんを置いて。そして姉はひどく母を恨んでいるという事実。
「もし私が他に好きな人ができたら? 娘を置いてその人と一緒になる? 嫌だ……。夫以外を愛するのはもちろん、娘を置いて出ていくなんて、もっと考えられない……」
いつも優しくて笑顔だったお父さんとお母さんの顔に、真っ黒な絵の具を塗られたような気持ちになりました。
【第5話】知ってしまった両親の真実……。
突然実家に来た私に二人は驚いていました。
母:「あれ? マキコ。どうしたの?」
父:「暗い顔だぞ? どうしたんだ?」
マキコ:「話があって……」

【第5話】知ってしまった両親の真実……。
母:「お母さんも、お父さんを好きになる気持ちが止められなかった。好きで好きで、一緒になりたくて……。不倫がバレて、離婚することになって。話し合いのすえ、子どもはそれぞれ一人ずつ引き取ることになったの。あなたはまだ小さかったし、母親が必要だと思ったから私が引き取った。ユキコのことはいつも気にかけていたわ。忘れたことなんて一度もなかった……」

マキコ:「それ……本当?」
母:「本当よ!」
マキコ:「じゃぁ……なんで連絡をとってあげないの?」
母:「それは……離婚のときに”もう二度と会うな”って約束させられたから。でも本当にユキコのことはいつでも……

【第5話】知ってしまった両親の真実……。
あの日が最後の家族団らんになるとは、思いませんでした。
今の私が最後にできることは、私の娘や妹のミユキがこの事実を知らないで過ごすこと。父と母と私で秘密を守り抜いていく――そう心に決めて実家を後にしました。

きっと両親もそれなりの覚悟をもって一緒になったことでしょう。それでもやはりめぐってくる「不倫の代償」。両親の不倫を知って、私と両親の仲は壊れてしまいました。
不倫の罪が消える日はあるのでしょうか――

―終―

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・渡辺多絵 作画・nakamon

nakamonの記事一覧ページ

関連記事

【第1話】知ってしまった両親の真実……。信じてきた家族が一瞬にして壊れた瞬間
私は今まで、平凡で幸せな人生を送ってきました。 実家に住む父と母とは今でもとても仲が良く、結婚してからは実家の近くに家を建てました。娘が小さいころはしょっちゅう遊びに行っていました。娘が大きくなった...
【第1話】行方不明になった夫と私の格闘日記ー今日も夫は帰ってこない?ー
私と夫は中学校の同級生でした。 ぶっきらぼうだけど、根はとても優しい夫のことが好きだった中学生時代。当時はまだ幼くて「付き合う」までには至りませんでしたが、成人式で再会し付き合うことになり、とんとん...
【前編】元同級生と不倫関係が6年……ママが家庭を壊してまで欲しかったものとは
私(30歳)は既婚者で子どもが2人います。 しかし6年前の中学校の同窓会で、中学生時代に付き合っていた彼と再会。お互いに盛り上がってしまい、その後ずっと不倫の関係にあります。 彼は独身なの...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
私は父の実子じゃなかった