いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第1話】ある日突然、夫が失踪しました 〜「帰ってこない夫」編〜

私と夫は中学校の同級生でした。
ぶっきらぼうだけど、根はとても優しい夫のことが好きだった中学生時代。当時はまだ幼くて「付き合う」までには至りませんでしたが、成人式で再会し付き合うことになり、とんとん拍子に結婚することになりました。
夫は決して愛想が良いタイプではないけれど、真面目で優しく、私のつくるご飯を誰よりも「おいしい!おいしい!」と言って食べてくれる笑顔が何よりも好きでした。
夫が行方不明1
その幸せが崩れ出したのは、桜がキレイに咲きはじめた4月のことでした……。

夫が行方不明2
明け方、隣で眠っているはずの夫のベッドは、昨夜私がキレイにしたままです。ここ最近、夫は週に2~3日しか帰宅しなくなっていました。今までは帰りが遅い日もありましたが仕事が終わるとまっすぐに帰宅し、朝帰りなどは一度もしなかった夫なのに、です。
帰ってきた夫にどこにいたのか、何をしていたのかを聞くと……
夫が行方不明3
我が家には5歳、3歳、1歳の三兄弟がいるので、正直家は「ゆっくり悩み事ができる環境」ではありません。たまにはひとりでゆっくり考えごとをしたい気持ちも分かりますが、公園に寝泊まりしなくてはいけないほどの悩みとは……。よっぽどのことなのでしょう……。
どこにいるか、今日は帰るのかを確かめようと、いつも夫の携帯に電話をかけますが……
『おかけになった電話番号は、電波の入っていない場所にいるか、電源が入っていないためかかりません』
そう、夫が帰宅しない日は決まって携帯の電源が切られているのです……。
それからも夫は帰ってきたり、帰ってこなかったりを繰り返し。「どこにいたの?」と聞けば「……公園にいた」の一点張り。彼が「公園いる」と言うのであれば、そうなのだろうと。私はひたすらその言葉を信じていました。
「風邪、ひかないようにね……」と言っても、たいした返答もなく。気づけば夫は私に背を向けて寝ることが多くなっていきました。

そんなことが続いていたある日。

夫が行方不明4

第2話に続く。

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・Michika

※この記事は2020年7月に公開された記事を編集しています。

Michikaの記事一覧ページ

関連記事

【第2話】ある日突然、夫が失踪しました 〜「この女は誰なの?」編〜
【第1話】からのつづき 週に2~3日しか帰宅しなくなった夫の携帯に女からの怪しいメッセージが……! 私が思わず問いただすと…… その日から夫はトイレにいくときも、お風呂に入るときも携帯を離さな...
【第3話】ある日突然、夫が失踪しました 〜「勇気を出して不倫相手に電話したら……」編〜
【第2話】からのつづき 不倫相手と思われる「るみ」という女に電話をかけながら私の心臓は張り裂けそうなくらいにドキドキしていました。すると…… 罪悪感もないような口調の相手に、それ以上話...
【第4話】ある日突然、夫が失踪しました 〜「行方不明から1ヶ月」編〜
【第3話】からのつづき 夫がいない―― いつもなら無断外泊をしても必ず2~3日に1度は帰宅していた夫ですが、1週間たっても帰ってきませんでした。いったいどこに行ってしまったの? 携帯を持たずにいな...