いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【第4話】行方不明になった夫と私の格闘日記ー3人の子どもたちの未来ー

【第3話】からのつづき
夫がいない――
いつもなら無断外泊をしても必ず2~3日に1度は帰宅していた夫ですが、1週間たっても帰ってきませんでした。いったいどこに行ってしまったの? 携帯を持たずにいなくなってしまったので、連絡の取りようがありません。悩んだ末、意を決して会社に連絡してみると……なんと「夫は退職した」と聞かされたのです……!

義母に聞いても一方的に責められ、警察に行って捜索願を出そうとしても「事件性がない場合は探すことができない」と言われ。話は聞いてくれたものの捜査はしてくれそうになく……
夫が行方不明4-1

「ただいま……」私は帰ってそうつぶやきました。
「……っているはずないか……」

そうして「今日こそは……」「今日こそは……」と毎日夫の帰宅を願い続ける日々が過ぎ……。「もう夫は戻ってこないんだろうな……」と心の底で覚悟をしはじめたのは、夫がいなくなってから一ヶ月が過ぎようとしたころでした。
夫が行方不明4-2
三人の子どもたちが私の顔をのぞきこみます。この子たちの目は、こんなにもキラキラ輝いているのに、私の目は死んでしまったみたい……。子どもたちの未来を、大人の勝手で摘んではいけない。そしてこの子たちに未来があるように、私にだってまだまだ未来はある……。
今思うとこの瞬間が、今まで無意識に夫に寄りかかっていた私が、しっかりと自分の足で立った瞬間だったかもしれません――

とりあえずこれからのことを一度でいいから直接会って話し合わなければ……。
子どもたちが寝たあと、私はパソコンを開きました。まずは「るみ」の居場所を突き止めよう。恐らく夫と一緒にいるであろう「るみ」の家を調べるべく、SNSをひらきます。SNSで夫の職場の同僚で、何度か家族ぐるみで会ったことのある青木さんという男性を見つけ、メッセージを送りました。
すると、すぐに連絡がとれ、会えることに。そこで詳細な事実が浮き彫りになってきました。
夫が行方不明4-3
夫が私たちにここまでのことをするということは、よっぽどのことが起きたのだ――
それはなんとなく理解しています。
それでも子どもたちを不幸にすることは、私は絶対に許さない。夫にどんな想いがあったとしても、相談もなく勝手にいなくなって勝手に仕事も辞めるなんて“家族”じゃない……。「子どもたちのためにも、私は白黒つけたい」という決意を青木さんに話し別れました。

そしてその数日後……

夫が行方不明4-4

第5話に続く。

※この漫画は体験者本人のご協力の元作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・Michika

Michikaの記事一覧ページ

関連記事

【第5話】行方不明になった夫と私の格闘日記ー非通知の電話から聞こえた声ー
【第4話】からのつづき お義父さんと隣の県にある団地へ車で向かいました。団地の部屋番号は分からなくても、近くで張っていれば夫と会えるかもしれないと思っていた矢先、車の中から夫の姿が目にとまりました。...
【第1話】行方不明になった夫と私の格闘日記ー今日も夫は帰ってこない?ー
私と夫は中学校の同級生でした。 ぶっきらぼうだけど、根はとても優しい夫のことが好きだった中学生時代。当時はまだ幼くて「付き合う」までには至りませんでしたが、成人式で再会し付き合うことになり、とんとん...
親友ママ友の旦那が別のママ友と不倫していることを知ってしまった
先日、保育園時代に仲良くしていたシングルのママ友Aと久々に会ってランチをしていたときのことでした。 その後Bと会うたびにAのことを思い出し、裏切っているような気がして申し訳ない気...