いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

お菓子作り初心者でも子どもと作れる「簡単お菓子」のレシピ、難易度別にご紹介!

pixta_21728366_M
お子さんのおやつに手作りのものを用意したい、と考えるママはいませんか? せっかく「手作り」するのであればお子さんと一緒に作ってみるのはいかがでしょうか。ママスタコミュニテイにも、手間や時間をかけずに作れる「簡単お菓子を教えて!」という声が寄せられています。

『明日、姪っ子がくるので一緒にお菓子を作ろうかと思っています。初心者でも簡単にできる手作りお菓子。教えてください』

材料を切って、混ぜるだけ!

『最強に簡単なのはフルーチェ』

袋を開けて牛乳を混ぜるだけのフルーチェは小さなお子さんでも作れる簡単おやつです。牛乳が苦手なお子さんでも、ぷるんとした食感と甘さに惹かれて食べてくれることもありそうです。牛乳嫌いの克服にもなるかもしれませんね。

『フルーツポンチはめちゃくちゃ簡単。好きなフルーツを買ってきて切るだけ』

フルーツポンチも好みのフルーツをカットしてシロップと混ぜるだけの簡単レシピです。缶詰の果物を使い、そのシロップも一緒に入れればシロップを作らずとも簡単に仕上がりますね。炭酸水が飲める年齢のお子さんであれば、炭酸水や炭酸ジュースを加えるとシュワシュワっとした清涼感も楽しめます。
また、スイカやメロンは中身をくり抜いて外皮を器に。果物で作った器に、くり抜いた果物やその他のフルーツ、シロップを加えると見た目も華やかなフルーツポンチになります。

ゼリーやプリンは材料を混ぜて固めるだけ

『カルピスやジュースでゼリーを作る』

『ココナッツ味のプリン。ココナッツ缶にゼラチンとお砂糖入れるだけ』

『勝手に2層に分かれるゼリーとかどう? 全部混ぜても出来上がりが牛乳層と果汁層に分かれるから、小さい子は喜びそう』

『缶詰めのフルーツとゼラチンと100%のオレンジジュースやリンゴジュースでゼリー』

ジュースやカルピスにゼラチンを混ぜて固めるだけのゼリーはいかがでしょう。粉ゼラチンを商品の説明通りにふやかし、ひと肌程度に温めたジュースにふやかしたゼラチンを加えればゼラチン液は完成です。粗熱をとったら冷蔵庫へ。しっかり固めるには2〜3時間必要なので、食べる時間から逆算して作り始めるとよいでしょう。

『プリン。今日作ったけど、すごく簡単なのに美味しいよ!』

またおやつの定番「プリン」も、牛乳や砂糖、卵のたった3種類の材料で作れますよ。筆者がよく作るレシピをご紹介します。
まずカップ2杯の牛乳をひと肌程度に温めておきます。卵3個と砂糖70gをしっかりと混ぜ合わせ、温めておいた牛乳を加えたら、茶こしやザルで漉しながら耐熱容器に移します。オーブンで蒸す場合は天板の深さの半分程度のお湯を張り、その上にプリン液の入った容器を並べて170℃で30分程度蒸し焼きに。オーブンがない場合は蒸し器や鍋でも代用できます。鍋で作る場合は鍋の1/3程度にお湯を張ってからプリン液の入った器を並べます。その際、蒸気のしずくが落ちないよう布巾をあててから蓋をします。弱めの中火で15分程度蒸したら完成です。この分量でプリン型5-6個のプリンができます。
カラメルソースは鍋に砂糖100gと水1/3カップをを入れて中火にかけ、鍋をゆすりながら全体が茶色になるまで煮詰めます。とろりとしてきたら火を弱め、1/3カップのお湯を入れて鍋をゆすりながら混ぜ、火を止めます。ポイントは鍋の中をかきまぜずにゆらして作ること。かきまぜると飴のようになってしまいます。また、お湯を入れるときにカラメルソースがはねて火傷をする心配があるので、最後のところはママも一緒に取り組んでくださいね。
小さなお子さんは苦味のあるカラメルソースは苦手かもしれません。別に作っておき、食べる直前に好みでかけるのもよいですよ。

焼き菓子は甘い香りにも盛り上がれる!

『クッキー。型抜き喜ぶよね』

クッキー生地は、60gのバターをクリーム状になるまで混ぜ、100gの砂糖を加えて白っぽくなるまで混ぜ、割りほぐしておいた卵1個を加えてさらによく混ぜます。その中にふるった粉200gと小さじ1杯のベーキングパウダーを入れ、さくさくと粉が見えなくなるまで混ぜれば完成です。ただし、粉を入れてからあまり混ぜすぎるとクッキーが固くなるので要注意です。
生地は厚さが均等になるように気をつけながら3㎜程度の厚さに麺棒でのばします。型抜きクッキーはお子さんも楽しんで参加できますが、暑い時期だと生地がダレてしまい、上手に型抜きができないこともあります。そんなときには型抜きにこだわらず、のばした生地をパイ車(パイカッター)やペティナイフを使って縦、横、斜めなど好きな形にカットしてみてください。簡単に四角やひし形のクッキーが仕上がります。オーブンに入れる前に照り用の卵1個を溶き、クッキーの表面にハケで薄くぬると光沢のあるきれいな仕上がりになります。170℃のオーブンで15分程度で焼きあがり。甘い香りに包まれながら焼き上がりを待つのも焼き菓子ならではの魅力ですね。

何と組み合わせてもなんとかなる?ホットケーキミックスを活用

『ホットケーキミックスと絹ごし豆腐を混ぜてドーナツ』

『ホットケーキミックスとバナナでバナナケーキ』

『ソーセージにホットケーキミックスからめて揚げてアメリカンドック』

ホットケーキミックスを活用するアイデアもありました。ソーセージにホットケーキミックスを絡めたアメリカンドックは軽食にもなりそうです。また、ホットケーキを焼いて好きなフルーツや生クリームを乗せるだけでも、お子さんの手が加わればいつもより楽しいおやつになりそうです。

一緒に作る時間をぜひ楽しんで

卵を割りほぐしたり砂糖を加えて混ぜたりと、お菓子作りは小さなお子さんでも一緒できます。たとえ簡単なお菓子でも、お子さんとおしゃべりをしながら手を動かして一緒に作ったお菓子は格別でしょう。普段のお子さんのおやつだけでなく、お友達が集まるときやお誕生日会など「特別な日」に手作りお菓子を用意するのも楽しいかもしれませんね。
ぜひ、ママスタコミュニテイに寄せられたアイデアを参考に、いつもと違う「特別な」おやつを作ってみてください。普段以上にお腹も心もいっぱいになること、間違いなし! ですよ。

文・すずらん 編集・しらたまよ

関連記事

手作りのお菓子、子どものお友達にあげても大丈夫?歓迎派と拒否派、それぞれの主張の理由とは
ケーキにドーナツ、クッキーなど、お菓子作りが趣味というママ、いらっしゃるのではないでしょうか。そんな楽しい趣味が、トラブルのタネになってしまっては悲しいですよね。今回ご紹介するお悩みは、そんなトラ...
「おかし、かって!」にママ限界!帰宅後「ぜんぶ食べな」とお菓子をまき散らした投稿者に、ママたちの反応は?
子育てにおいて「ママはいつも穏やかに」といったモットーを掲げているママも、おそらく多いことと思います。でも、そんなママの決意をいとも簡単に砕いてしまうのが、子育てというヤツかもしれません(汗)。 先...
どうしよう……ママ友からもらう手作りのお菓子がどうしても食べられない
私は昔から「気にしすぎ」な性格だと言われます。潔癖症と言われることもしばしば。そんな私もママになり「気にしすぎ」「潔癖症」な性格はそのまま残しながらも、子育てを楽しんでいます。子どもを通して、いろいろ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
簡単な手作りお菓子