いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

学校で使う雑巾は縫っている?それとも買っている?市販品だからこそのメリットがあるって本当?

pixta_41433295_M
新学期のタイミングで用意することになる雑巾。それ以外にも習字や図工の授業のために持参するよう言われることもあります。雑巾はタオルを縫って作ることもできますが、ミシンがないと手縫いすることになってしまい、面倒に感じることも……。あるママさんも子どもが使う雑巾を用意することになったタイミングで思うところがあったようです。

『ミシンを持っていないし裁縫が全然できないけれど、雑巾はなんとなく縫うものだと思っていたので、1週間くらいかけて縫っていた。ものすごく汚れるから学期ごとに替えたいけれど、地味に面倒だし、来年から2人が小学生になるから今から憂うつ。みんなは雑巾をどうしている?』

このママさんの場合には裁縫が不得意なため、雑巾を縫うのに1週間くらいかかってしまったそうです。たしかにそこまでの時間を要してしまうと、来年からどうしようかと悩む気持ちもわかります。ママたちの交流場所であるママスタコミュニティのママたちは、子どもに持たせる雑巾の準備をどうしているのでしょうか。

ママさん同様に縫って作っている。その理由は?

『もらい物の粗品タオルがたくさんあるから手作りしている。在庫が尽きたら市販品を買うよ』

『ミシンがあるし得意だけれど、指定がなければなるべく手縫い。ミシンより丈夫で使いやすいと思う』

粗品としてもらうことも少なくないタオル。こだわりがある人の場合、もらい物のタオルは使わず、「何かの時のために……」と取っておくこともありますよね。そんな「余りものタオル」がここで活躍! ちなみに、あえて手縫いをするというママから「手縫いの方がミシンよりも丈夫だ」という意見が届いています。縫い糸によっても異なるとは思いますが、できるだけ長く使って欲しいというママの気持ちがあらわれていますね。

市販の雑巾を買う。理由はさまざま

「新品タオルで」という指定があり市販品を買った方が安上がり

『薄いペラペラの新品タオルなんて家にないから、縫うならタオルを買うところから。タオル1枚買うよりも、市販の雑巾3枚入りを買う方が安い』

『私が子どものときは母親が使い古しのタオルで縫ってくれていたけれど、今は新品のタオルと指定する学校もあると聞いた。タオルを買って縫うより100円ショップで買う方が安いので買います』

どうせ雑巾、されど雑巾。雑巾ならば使い古しのタオルでもよさそうに思ってしまいますが、最近は新品を指定されることもあるのですね。でも家に雑巾にしてもいいような新品のタオルがなければ、新しいタオルを買わなければなりません。新しいタオルを買って雑巾にするよりも、はじめから市販の雑巾を買った方が安上がりになることも少なくないようです。

自分で縫うのが面倒

『子どもが2人いるし、縫うのが面倒』

『100円(税込110円)で買える物を、わざわざ時間かけて作るわけがない』

昨今は100円ショップなどでも買える、雑巾。にもかかわらず、わざわざ時間と手間をかけて一から縫うことに抵抗があるママもいます。ミシンを使って縫おうと思うと、ミシンの出し入れも大変だったり……。だったら「買ってしまおう!」と思うママの気持ち、わかる気がします。少しでも楽をしたいですものね。

市販の方が薄くて乾きやすく衛生面でもメリットがあると感じる

『ネット上の情報だけれど、家庭のタオルを雑巾にすると子どもの握力では絞りきれない。雑巾がビチャビチャな上に生乾きのままだからやめて欲しいという話を聞いて、市販の雑巾を買うことに』

『薄い方が乾きやすいし、衛生的にもフカフカよりいいんだそう。学校からそう言われたよ』

市販の雑巾は薄めに作られたものが多く、使用後に乾きやすいのだそうです。濡れたままにしておくと雑菌などが増えてしまう恐れがあり、衛生面が心配です。せっかくの掃除に雑菌だらけの雑巾を使っているというのは本末転倒ですから、生地が薄手で乾きやすい市販の雑巾を選ぶそうです。

薄いから子どもの手で扱いやすい

『100均の雑巾は薄いから、低学年は扱いやすいしね』

『最初は縫っていたけれど、市販品の方が薄くて絞りやすいから買ってと言われて縫うのをやめました』

先ほどの「市販の雑巾は薄手なのがいい」という話ですが、まだ握力が強くない低学年の子どもにとっては使い勝手がいいというメリットもあるそうです。雑巾をきちんと絞り切るのには大人でもそれなりの力を要しますが、市販の雑巾なら子どもの手でもギュッと力を入れやすく、水気が切れるそうです。子どものほうから市販の雑巾をリクエストされ、それまで手縫いしていたのをやめたというママもいました。

市販のタオルが主流になりつつある今。メリットを知れば、ママ得!

学校や幼稚園などで使う雑巾は、市販のものを使うというママが多いことがわかりました。生地が薄手のようですので、すぐにだめになってしまわないかな? という心配もありますが、反対に薄手だからこそ絞りやすく乾きやすいというメリットがあって子どもは扱いやすいそうです。筆者が子どもの頃、雑巾は市販されていなかったように記憶しています。そのため母がタオルを縫って作ってくれましたし、クラスメートも同じだったと思います。でも今は衛生面を考えて乾きやすいほうが好まれ、何よりママたちの手間も省けるからと、市販の雑巾が主流。金額的に安上がりになるのであれば、学校から特に指定がない限りは、市販の雑巾を活用するのもアリですね。

文・川崎さちえ 編集・blackcat

関連記事

働くママ に関する記事一覧
子どもに持たせる雑巾は手縫い?それとも既製品?ママたちが雑巾を作る理由と買う理由それぞれ
子どもが園や学校に通いだすと、新学期のスタート時などに「雑巾をもってきてください」と指示されることがありますね。子どもに持たせる雑巾について、あるママからこんな投稿がありました。 『100均でマ...
新年度にママたちを悩ます「自宅までの地図を書いてください」という書類。あなたは手書き派?それともデジタル派?
新年度になると子どもたちはたくさんの書類を持ち帰ってきますよね。○○調査票や○○カードなど……ダイニングテーブルの上が、さまざまな書類であふれることは4月によくある光景ではないでしょうか。住所・家...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
学校で使う雑巾 縫う?買う?