いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<母の悲しい過干渉>友だち親子からの変化ー産後の娘からの既読無視がつらいー【前編】まんが

前編1「友だち親子からの変化。産後、過干渉になった母からの恐怖のLINE」
娘に習ってオシャレして、ライブやショッピングに出かけたり、私の毎日は輝いていました。

前編2「友だち親子からの変化。産後、過干渉になった母からの恐怖のLINE」
前編3「友だち親子からの変化。産後、過干渉になった母からの恐怖のLINE」
「何か悩んでいるのか、仕事をしてる私に遠慮しているのか」元々反抗期らしいこともなかった娘。私にうまく伝えられないのか、何も打ち明けてきません。
「なんでも話してくれる娘だったのに……」と寂しい気持ちになったけれど、私はとにかく明るくふるまうことに徹しました。

前編4「友だち親子からの変化。産後、過干渉になった母からの恐怖のLINE」
今の私に残された 「つながり」はLINEだけ。
娘からのアクションはそれきりでしたが、私はメッセージを送り続けることを止められませんでした。「娘との関係がギクシャクしてしまうのはきっと今だけのこと」時間が経てば、また昔みたいに楽しい関係に戻れると信じています。だって私たちは親子なんだもの。

後編へ続く。
脚本・編集部 作画・善哉あん 編集・Natsu

善哉あんの記事一覧ページ

関連記事

<母の悲しい過干渉>友だち親子からの変化ー産後の娘からの既読無視がつらいー【後編】まんが
前回からの続き。 歳の離れた私の兄は早くに家を出たため、一人っ子状態で育った私は母と友達のように仲良く過ごしていました。 寂しがり屋でいつも自信がなさそうに見える母は「あなたはすごい! 自慢の...
【前編】「給付金で帰省して」という嫌味な義母をギャフンと言わせたい!
我が家は義実家から離れたところに住んでいます。飛行機、新幹線を使わなければ帰省できない距離。金銭的な余裕がないわけじゃないけれど、ここ最近は徐々に帰省の回数が減っていました。 あからさまな孫差別...
<わが子の失言>「お前のママ、キモチワルイな」小一の息子がやらかした!謝罪は必要?【前編】まんが
息子はこの春、小学1年生になりました。見守りのため、夏くらいまでは親が付き添って家まで下校します。ある日のこと……。 ある日突然、前日までニコニコ楽しくお話をしていたAちゃんママの様子がおかしく...