いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

【後編】経済的DV?夫が子どもよりも「自分のお金」を優先するとき…

私だけならまだしも、子どものためのお金を満足に使えないなんて絶対におかしい!
私は子どもが退院し回復したあと、何か今の状況を変えるアドバイスをもらえないかと相談窓口を頼ることにしました。
経済的DV後01
私は相談に乗ってくれた方からまず「よくここまで我慢して頑張りましたね」と慰められました。
長期にわたって厳しく制限されていた生活に、私はすっかり麻痺していたみたいです。
自分が思ってた以上に、わが家の状況は良くないものであると第三者の視点で説明され、目が覚めたと同時に「自分が至らないわけではなかった」「相談して恥ずかしい内容ではなかった」とわかりホッとして泣いてしまいました。

それから改めて、夫と向き合い問題を話し合うことにしました。しかし……

経済的DV後02
何を言っても二言目には「母さんは親父にそんな文句一言も言ってなかったんだ!!」という言葉……。
離婚になったときに有利になるようにしっかり録音をしながら、夫の理解を得るのは難しいのだと痛感しました。

夫の実家は典型的な亭主関白の家庭で、好き放題する義父とそんな義父に文句ひとつ言わず尽くす義母。それを見て夫は育ちました。
どうやら、そんな環境で育った夫にとっては義実家の感覚が絶対であり、自分も結婚したら同じようにふるまえると思い込んでいたようです。
時代の変化もある中で、それは違う。変えていくべき部分であると説明しようとしても「実家はおかしくない! バカにするな!!」と聞く耳を持ってはくれませんでした。
「俺は何も変えない! 俺についてこないのなら離婚だ!!」と啖呵を切られてしまいました。私はもう夫と歩み寄ることは不可能なのだと悟りました。

その後、私は実家へ相談して協力してもらいながら離婚の準備を始めました。「どうしてそこまでになるほど我慢していたんだ!」と父に叱られ、母に泣かれたときには、やっぱり涙が出てしまいました。

経済的DV後03
言い出してしまったプライドからなのか。夫は離婚協議にはすんなり応じ、間もなく届けを出すことができました。
ただ、離婚届に判を押すときに夫は「子どものころはずっと我慢してたんだ。それが当たり前だったのになぜ」とつぶやいていました。

……夫も心のどこかでは自分の実家がおかしいことには気が付いていたのかもしれません。

※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。

原案・ママスタコミュニティ 作画・Ponko

Ponkoさんの記事一覧

関連記事

【前編】経済的DV?夫が子どもよりも「自分のお金」を優先するとき…
私は夫と二人の子どもをもつ専業主婦です。 普段、夫は家計を私に任せてくれています。しかし、お金の使い道のチェックが厳しくだんだんとストレスを感じるようになってきました……。 私の出費だけにとど...
【前編】「お金のない母親といて子どもは幸せですか?」親権を渡したあの日……
幼少期に父が亡くなった私は片親で育てられ、母は父が亡くなったショックから、仕事をせず生活保護を受けて私を育てていました。 当然高校にも行かせてもらえず、中学を卒業とともに就職し、親元を離れた私は20...
旦那 に関する記事一覧
参考トピ (by ママスタコミュニティ
みなさんの旦那さんも同じですか?