いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

manga

<嫁姑問題>私はいい姑!なのにある日突然、家に呼ばれなくなって……【姑SIDE:後編】

結婚当初から義母は「一緒にお出かけしましょう」と嫁である私を誘ってきてくれるような人です。ありがたいのですが、私は言葉には出さないものの、そんな義母に気疲れしていました。

孫が生まれてからもグイグイくる義母。私の我慢が限界に達したのは、第2子の長女を産んだときでした。義母は「女の子を産んでくれてありがとう」と言ったのです。長男のときにはありがとうなんて言わなかったのに……。

【後編】嫁と仲良くしたい義母と、疲れてしまった嫁と……

「そっか……。じゃあ俺から母さんにそれとなく言ってみるわ」と旦那は言ってくれました。

【後編】嫁と仲良くしたい義母と、疲れてしまった嫁と……

【後編】嫁と仲良くしたい義母と、疲れてしまった嫁と……

息子の話にあった、「間違ってる」「出しゃばり」に私は悲しくなりました。私自身、姑の家ではとても居心地が悪かったので、お嫁さんにはそう思わせないようにフレンドリーに接していたつもりだったのですが……。私の気持ちを押しつけるばかりで、「相手が何を望んでいるか」が分かっていなかったようです。信頼は時間をかけて築くもの……息子の言葉を胸に、あまり口を出しすぎずに、適度な距離を保ってやっていこうと思います。

脚本・渡辺多絵 作画・nakamon

※この漫画はママスタコミュニティに寄せられた体験談やご意見を元に作成しています。

nakamonの記事一覧ページ

関連記事

<嫁姑問題>私はいい姑!なのにある日突然、家に呼ばれなくなって……【姑SIDE:前編】
私は2人の息子を授かりました。男の子育児は毎日がドタバタで運動会のようで、息子は何よりも代えがたく愛おしい存在です。ただ自分が実母と仲が良かったのもあり、娘がいたら将来一緒に買い物に行ったりできるのに...
新連載まんが【第1話】18歳の娘が里帰り出産。でも実は「里帰り」ではなく「家出」だった……!?
それはもうすぐ高校を卒業する18歳の娘からの、思いもよらぬ衝撃の一言でした。高校3年生の娘は卒業後、地元の大学に進学が決まっていたのですが……。 リュウイチ君とは娘の3歳年上の彼氏です。すでに社...
「えっ?うちの庭で野グソ!?」意識高い系ママ友の息子。ストレスのサインが変な方向に【前編】まんが
私は、とある地方の住宅地に住んでいて、わが家には小学生5年生を筆頭に3人の子どもたちがいます。この住宅地には地元の小学校に通う子が15人くらい住んでいて、近所のママたちもみんな顔見知りです。そのなかで...