いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

新型コロナの影響で立ち会い出産が中止に。ひとりで出産に挑まなくてはならない妊婦さんへ贈るエール!

pixta_61209995_M

新型コロナウイルスの感染拡大により、それぞれが「自分にできること」を考えて生活を送っていることと思います。そんななかで、人生の一大イベントともいえる「出産」を控えている妊婦さんは、日々めまぐるしく変わっていく世の中の情勢に加え、これから生まれてくる赤ちゃんのことを考えると不安が尽きないのではないでしょうか。ママスタBBSに寄せられた投稿にも、不安を吐露する妊婦さんがいました。

『新型コロナの影響で立ち会い出産ができなくなりました。面会もできません。付添人は、入院のときに入り口付近まで。退院のときに出口までお迎え。それだけです。はじめての出産、ひとりで挑まなくてはいけなくなりました……。入院中もひとりです。主人と一緒に赤ちゃんを迎えてあげられると思っていたので、心細くてたまりません。

どうか出産を経験されたみなさん、私に勇気をください。怖くて怖くてたまりません』

新型コロナウイルスの影響から、出産時の立ち会いや面会が禁止になったとのこと。投稿者のママと同じ想いを抱えている妊婦さんは、きっとたくさんいることでしょう。
ひとりで出産に臨むママたちへ、ママスタBBSのママたちからエールが集まりました。

新型コロナとは関係なく、ぶっちゃけ旦那が立ち会った出産ってどうだった?

『いても役に立たないよ』

『旦那はそんなに必要なかったよ! 助産師さんだけが頼りだった』

『産み終わってふと見たら旦那が立っていたけれど、立ち会っていたことに全く気づかなかった』

『いても役に立たなかったらそれはそれで猛烈にイラつくだろうから、助産師さんと医師の指示をちゃんと聞いて出産に集中した方がいいよ』

ママたちのコメントで多数を占めていたのは、旦那さんが出産に立ち会っても、たいして役には立たないという辛辣なコメントでした(笑)。もちろんとても頼りになる旦那さんもいらっしゃいますが、旦那さんにとっても出産は未知の世界。苦しむママを前に、なにをしてあげればいいのかわからないまま出産が終わってしまうのかもしれません。

あえて立ち会い出産しなかったママたち

『私は2人とも立ち会い希望がしなかったけど、集中して産めたよ。たぶん隣でおろおろされたりするより、1人の方が気楽だよ』

『私も1人目は立ち会いではなかったので、同じような理由で2人目は絶対立ち会いしてほしい! と思って立ち会いしてもらいました。けど特になにもかわらなかった!』

『私は子ども4人とも旦那は立ち会いしなかったよ。私が嫌だったから。頑張るのは私と赤ちゃんだから、旦那は必要ないと判断した(笑)』

むしろはじめから立ち会い出産を希望しないママもいました。陣痛という激痛に耐えなくてはいけないなかで、旦那さんからの「大丈夫?」の気遣いすらも、応えるのが面倒になってしまうのでしょう。それくらい「出産」は命がけだということですね。

『私は2人立ち会いで出産したけど、支えてほしい、助けてほしいからじゃないよ。大袈裟かもしれないけど、命がけで出産するのを見てもらって、命がけで育ててほしかったから』

旦那さんに立ち会い出産してもらうのは、一緒に頑張ってもらうためではなく「命がけで産む姿」を目に焼き付けてもらいたからだというママのコメントは考えさせられます。立ち会いができないのであれば、出産がどれだけ命がけかということをしっかりと伝えておくのもいいかもしれません。

立ち会いも面会も、なかったら気楽かも?

『立ち会いなんか無くても全然大丈夫だよ、助産師さんや先生がいるからなんの心配もいらないよ。面会禁止は寂しいけど、ゆっくり休めるから逆にラッキーかもしれないよ』

『むしろいない方がいいと思えるかもよ? 出産後、時間があれば寝ていたいし、お見舞いに来てくれるのは本当に本当に嬉しいけど、眠気もあるからちょっとしんどいときもある。みんながお見舞い禁止なら寂しくないよ。大丈夫大丈夫!』

『私も先日産みました。なんだかんだ旦那がいない方が自分をさらけ出せていいですよ。面会がないのも自分のペースを崩されず身体を休められます』

面会がないのも一時は寂しく感じそうですが、産後の身体はとても疲れています。面会は嬉しいけれど、相手のスケジュールに合わせなくてはいけない分、ストレスになってしまう場合も。余計なことは何も考えずに、赤ちゃんと産後の身体のことだけに専念できると思えば気楽かもしれませんね。

立ち会いなしでも面会禁止でも大丈夫、頼りになるのは……

『頼りになるのは結局自分だけだからがんばれ!』

『周りには助産婦さんたちが居るか絶対大丈夫! あとは自分が赤ちゃんと一緒に頑張るだけだよ!』

『母は強し、頼りになる助産師さんお医者さんがついている!』

病院にはお医者さんや助産師さんなどのプロの方々がついています。その方々と、そして何よりも自分自身を信じて、集中して出産に挑んで! とママたちからのエールが飛び交います。

『1人で挑む訳じゃないよ。赤ちゃんがいるじゃない。がんばれ!』

『赤ちゃんもママに会えるのを待ってるから頑張ってね』

そしてママはひとりで出産するわけではありません。十月十日ママに会いたくて、ずっとお腹の中で待っていた赤ちゃんも頑張るのです。ママと赤ちゃんが一緒に頑張るのが出産なのですね。

激動の時代ではありますが、どうかこれから出産を迎えるママたちが、新しく産まれてくる命と無事に出会えることを心から祈っています。

 

文・渡辺多絵 編集・しらたまよ

関連記事

立ち会い出産を拒否する旦那へ、義母のスカッとした一声! 
もうすぐはじめての出産……。 夫婦の間で細かいバースプランを話し合っていなかった私たち。たまたま義母と3人で食事中にそんな話になりました。 義母は何の気なしに言ったことだと思いますが、それ...
【ダメパパ図鑑】パパの立ち会い出産拒否の理由が自己中!涙が止まらない出来事
義母は出産を楽しみにしてくれていて、旦那にも叱ってくれました。それでも旦那の態度は変わらず、その後の車中や帰宅後も、私は泣き続けました。 立ち会い出産については、これが旦...
【ダメパパ図鑑】立ち会い出産に来た旦那の衝撃の行動
我が子の出産時、旦那は立ち会う気満々でした。私も旦那の立ち会いに不満はなく、むしろ2人で我が子の誕生を見ることができると思うと心強いと感じていました。 その日、朝起きたときから何となくお腹が痛か...
参考トピ (by ママスタジアム
コロナの影響で立ち合い出産ができなくなりました。エールください!
どうしても立ち合い出産して欲しかった!!?涙