いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「お父さんは天国にお仕事に行ってるんだよ」私を救った子どもの言葉

001
大好きだった人を突然亡くすというのは、どう願っても取り戻せない日常に恋焦がれ、些細な言い合いすらも後悔し、そして自分の半分を無くしてしまったかのような気持ちになるものです。ママ友が気軽に話す「旦那さんの愚痴」すらも、私には羨ましく聞こえ、妬み、そんな自分がイヤになってしまいます。
002

003
それでも私が前向いていられるのは、子どもたちがいてくれるからです。旦那がいなくても、私はこの子たちを育てていかなくてはならない……。その一心で懸命に働き、子どもと向き合ってきました。
004まだ「死」というものを理解できていない息子は父親への手紙をどう書いたのか―――ドキドキしながら見てみると……

005
006
これからも旦那の分まで、子どもたちをしっかりと支えていきたいと思います。

※この漫画はママスタBBSを元に作成しています。

脚本・渡辺多絵 作画・ちょもす

ちょもすの記事一覧ページ

関連記事

可愛そうと感じるのは親だけ!?突然だったけれど、かえってサッパリして良かった卒園式
あまりの突然のできごとに、思わず言葉を失ってしまいました。事態を飲み込めず、ニコニコ笑っている子どもの手を引きながら「え……今日で幼稚園終わりなの?」と親の方が気持ちの整理ができません。 「...
保育士の私が、子どもを保育園に預けてでも仕事を続ける理由
私は保育士をしているからこそ、子どもが親と離れている間にものすごく成長することを知っています。もちろん最初は寂しそうにしている子もいますが、そんな中でもたくさんの友達に囲まれて、子どもたち...
妊娠初期にうっかり風邪をひいて地獄を見た話
一度風邪をひいてしまったら、坂を転げ落ちるように悪化していきました。せき・くしゃみ・鼻水・頭痛のフルコース。そこにつわりも追加されて、もう何が何だかわからない……。 参考:北海道...
参考トピ (by ママスタジアム
2年前の秋に旦那亡くなったんだけど